おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「be supposed to~」の意味は「~するはず」?英会話でよく聞く表現の使い方を解説

本ページはPRが含まれています。

プロリアは、複数企業と提携し当サイトを経由してサービスの申込が行われた際は、提携企業から対価を受け取ることがあります。ただしランキングや評価に関して、有償無償問わず影響を及ぼすものではございません。

シュン_2023のアバター シュン_2023 Webライター / 英語学専攻 / 英語教員

英語学専攻 / 英語教員歴9年

私立中学・高等学校に勤務し、普段は生徒に英語を指導。文法の基礎だけでなく、シャドーイングやアウトプット活動を重視した授業を展開。
特に英検2級と準1級の指導が多く、校内では外部英語検定チームの一員として英検研究に励んでいます。2次面接対策も生徒に行うことが多く、ほとんどの生徒は1発で2次試験に合格しました!

オンライン英会話を活用し、英検1級・TOEIC975点を取得。現在は、アプリを活用した英語学習を模索中。

WEBライターとして、英検対策や英語学習について発信するだけでなく、オンライン英会話のライティング添削なども行う。

ネイティブスピーカー同士の会話を聞いていると意外によく登場するイディオム「be supposed to~」。
このイディオム、「~するはず」「~することになっている」と意味を丸暗記しているだけの人も少なくないのではないでしょうか?

この記事では、「be supposed to~」の意味を大きく5つに分類して、それぞれのニュアンスの違いと使い分けを解説します。
似た意味を持つ助動詞「should」や「be going to~」との違いも紹介するので、この機会に「be supposed to~」をしっかり使いこなせるようになりましょう。

\夏休みの英語学習におすすめの英会話教室/
AEON KIDS(イーオンこども英会話)【PR】

「全くの英会話初心だけど英会話教室の雰囲気を知りたい」
「子供に夏休みを有意義に過ごさせたい」
「本格的に英語の勉強を始めたい」

という方には「AEON KIDS(イーオンこども英会話)」のキッズサマースクールがおすすめです!

年齢に合わせた細かなクラス分け・教材で、子供たちの英語4技能を伸ばす「AEON KIDS(イーオンこども英会話)」。キッズサマースクールは3歳~中学生まで受講でき、計4回のレッスンで英語力を高められるので短期間で成果を実感できます。

英会話イーオン(AEON)

受付期間:〜 2024年7月27日

※対象は、はじめてイーオンキッズのレッスンを受講される方、もしくは過去にイーオンキッズへ通学いただき2024年3月末日以前に契約が終了された方
※スクールにより開講状況が異なります。ご希望の日時・クラスでのご受講ができない場合があります。
※特典企画のため、他の特典との併用はできません。
※その他受講条件については各スクールにお問い合わせください。

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

「be supposed to~」ってどんな意味?

「be supposed to~」は、「be動詞」と共に受動態の形でよく使われるイディオムです。
意味は様々で、文脈によって「~するはず、~することになっていたのに、~らしい、~するものだ」などの訳し方がされます
主語には人でも物でも置くことができ、「to」の後ろには動詞の原形が続きます。

「be supposed to~」の元になった動詞は「suppose」です。
この動詞は、「前提としている、想定する」などの意味を持っています。
「be supposed to~」は受動態なので、ある行動をするよう促す土台になるものが前提にあり、その土台に基づいて行動をしたり何かが起こったりするイメージです。

それでは、このイメージを踏まえて「be supposed to~」の意味を一つ一つ詳しく紹介しましょう。

未来への期待を表す「~するはず」

「be supposed to~」の1つ目の意味は、これから先の未来において「~するはず」です。
文脈によって、「~することになっている、~しなければならない、~するべき」などと訳されることもあります。

この一つ目の意味を持つ場合、行動をするよう促す土台になるものは約束や予定、期待などです。
これらの土台に基づいて、主語が「to」以下の行動をすることが期待されます。

例文:I’m supposed to meet Michael at 2pm.
意味:午後2時にマイケルと会うことになっています

例文:He is supposed to come to work tomorrow.
意味:彼、明日は出勤してくるはずですよ

例文:We’re supposed to go camping on our next holiday.
意味:次の休暇にはキャンプに行くことになっているんだ

期待外れを表現する「~するはずだったのに」

「be supposed to~」は、約束・予定していたことや期待が実現しなかったりキャンセルになったりした場合の「~するはずだったのに」という表現も可能です。
文脈によって、「~するはずだったのに、~することになっていたのに、~しなければならなかったのに」と訳されることもあります。
どの訳にも、予定・期待していたことが「行われなかった」というニュアンスが含まれています。

期待外れを表す「be supposed to~」は、「be動詞」の部分を過去形にして「was supposed to~」や「were supposed to~」の形で使います
「was」「were」のどちらを使うかは、主語によって変わります。

後ろに「but」を続けて、「be supposed to~, but…(~するはずだったのに〔それはせずに〕…した / …しなかった)」と表現することもあります。

例文:I was supposed to meet Michael at 2pm.
意味:午後2時にマイケルと会うはずだったのですが

例文:He was supposed to come to work today, but he finally didn’t show up.
意味:彼、今日は出勤してくるはずだったのに、とうとう来ませんでした

例文:We were supposed to go camping today, but it turned out to rain.
意味:今日はキャンプに行く予定だったのに、雨になってしまったよ

義務や規則により「~することになっている」

「be supposed to~」の3つ目の意味は、義務や規則があるので「~することになっている」です。
文脈によって、「~するはずだ、~しなければならない、本当は~しなくてはいけない、本来ならば~するはずだ」などと訳されることもあります。

「be supposed to~」がこの意味を持つ場合、行動をするよう促す土台になるものは義務や規則、法律、取り決めなどです。
家族や学校、会社などのある集団の中で決められているルールも含まれます。
これらの土台に基づいて、主語が「to」以下の行動をすることが期待されるのです。

例文:When changing course while driving, you are supposed to turn on your blinker.
意味:運転中に進路を変更する時は、ウインカーを出すことになっています

例文:You are supposed to clean up your own room.
意味:自分の部屋は自分で片付けるはずよ

例文:All students are supposed to attend the school assembly.
意味:全校集会には生徒全員が出席しなければいけません

ルールが守られなかった時の「~することになっていたのに」

「be supposed to~」は、規則やルールが守られなかった・義務があったのにそうしなかったという場合に「~することになっていたのに」と表現できます。
文脈によっては、「~しなくてはいけなかったのに、本当なら~するはずだったのに」と訳されることも少なくありません。

この意味での「be supposed to~」も2つ目の使い方と同様、「be動詞」の部分は過去形です。
主語によって変わりますが、「was supposed to~」か「were supposed to~」のどちらかの形が使われます。

例文:When changing course while driving, you were supposed to turn on your blinker.
意味:運転中に進路を変更する時は、ウインカーを出すことになっていたのに

例文:You were supposed to clean up your own room.
意味:本当なら自分の部屋は自分で片付けるはずだったのに

例文:All students were supposed to attend the school assembly.
意味:本来なら、全校集会には生徒全員が出席しなければいけなかったのに

一般常識や習慣に基づいた「~らしい」「~するものだ」

「be supposed to~」は、一般的に認められている常識や社会の習慣などの土台に基づいた「~らしい」「~するものだ」という表現にもなります。
世間に広まっている情報や認識、事実、天気予報、自然の法則や性質などが行動を促したり出来事が起こったりする土台になることもあります。

文脈によって、「~だと思われている、~だと考えられている、~すると予想される、本来〜するものである、~することになっている」とも訳されます。

例文:For now, this treatment is supposed to be the best available.
意味:今のところ、この治療法が最善のものであると考えられています

例文:Precision instruments are supposed to be expensive.
意味:精密機器は当然価格が高くなるものです

例文:A typhoon is supposed to come this weekend, so I have to go shopping before Friday.
意味:今週末は台風が来るらしいから、金曜日までに買い物に行かないと

例文:In my family, the whole family are supposed to go to visit my grandmother in the summer.
意味:わたしの家では、夏には必ず家族全員で祖母に会いに行くことになっています

否定文は「be not supposed to~」

「be supposed to~」を否定文にする場合は、be動詞の後ろに「not」を置いて「be not supposed to~」という形になります。
意味は「~しないはず、~しないことになっている、〜してはいけないはず、~しないものだ」などです。
これまで考えてきた5つの使い方のどれに当てはまるかで訳し方は変わります。

過去形の「was not(wasn’t)」「were not(weren’t)」を使うと、「~しないはずだった、~するべきじゃなかった、~してはいけなかった」という表現もできます。

例文:He is not supposed to come in today.
意味:彼、今日は出勤しないはずよ

例文:When a product is renewed, the old product is not supposed to be sold.
意味:商品がリニューアルされると、古いものは販売されなくなるものです

例文:You were not supposed to park here.
意味:ここに駐車するべきではありませんでした

例文:She was not supposed to have been late for today’s meeting.
意味:彼女は今日のミーティングに遅刻するはずではありませんでした

「What am I supposed to do?」は決まり文句

「be supposed to~」を使った決まり文句「What am I supposed to do?」は、日常会話の中でよく使われるフレーズです。
今期待されている適切な行動は何かを尋ねたり、できないことを期待された時に困惑や怒りの気持ちを表したりすることができます。
「どうしたらいいんだ?」「わたしはどうするべき?」「一体どうしろって言うんだ?」「わたしに何をしてほしいの?」などと訳されます。

「be動詞」の部分を過去形にすれば、「What was I supposed to do?(わたしはどうするべきだったの? / どうすれば良かったの?)」という表現も可能です。

例文:As a team leader, what am I supposed to do first?
意味:チームリーダーとして、わたしはまず何をするべきですか

例文:I won’t be able to finish these many assignments by tomorrow. What am I supposed to do?
意味:こんなたくさんの課題、明日までに終わらないよ。一体どうしたらいいんだ

例文:I was warned by the director not to do anything unnecessary. What was I supposed to do?
意味:余計なことをするなって部長に注意されちゃった。わたしはどうすればよかったの

「should」と「be supposed to~」の違いは?

「be supposed to~」と意味が似ていて混乱しやすいのは、「~するべき、~する方がよい」という意味をもつ助動詞「should」です。
この2つの言葉はどのように使い分けたら良いのでしょうか?

まず、「should」は発言者の主観が大いに含まれた「~するべき」という表現です。
発言者が自分の意見や考えに基づいて相手にアドバイスする時によく使われます。

例文:You should wear a helmet when riding a bicycle because it is dangerous.
意味:危ないから、自転車に乗る時はヘルメットを被るべきです

一方「be supposed to~」は、主観的ではなく客観的な「~するべき」という表現です。
発言者の主観が入った意見ではなく、規則や法律、ルールなどに基づいて「本来は~するべきである」と説明する場合に使われます。
規則やルールで決まっていることなので、誰から見てもそうすべきだと思えることが特徴です。
そのため、一般的に「should」よりも「be supposed to~」の方が柔らかい表現に感じられます。

例文:You are supposed to wear a helmet when riding a bicycle, as required by prefectural ordinance.
意味:県の条例で決められているので、自転車に乗る時はヘルメットを被るべきです

「be going to~」と「be supposed to~」の違いは?

「be supposed to~」と意味が似ている言葉には、「be going to~」もあります。
「be going to~」は、近い未来の計画や予定について「〜するつもりだ」と述べる表現です。
発言者の主観や意志を伝える場合に使われます。

例文:I’m going to clean my own room now.
意味:今から自分の部屋を掃除するつもりです

「be supposed to~」も今後の予定について説明する時に使いますが、「be going to~」と異なり客観的な視点から見た「~することになっている」を表す表現です。
自分の意志で「こうしよう」と決めているのではなく、状況や規則などからして誰が見ても「~することになっている」と思える場合に使われます。

また、義務があるので「~するべき」というニュアンスも含まれます。

例文:We have a rule that we clean our own room, so I’m going to clean my own room now.
意味:自分の部屋は自分で掃除するという決まりがあるので、今から自分の部屋を掃除するつもりです

まとめ

この記事では、イディオム「be supposed to~」の5つの意味と使い分けを解説しました。
日常会話の中でよく使われる「be supposed to~」のニュアンスを把握して、使い分けられるようになっておきましょう。

プロリア英会話のレビュー評価について

プロリア英会話のレビュー評価の評点は、オンライン英会話・通学型の英会話教室・英語コーチングを選ぶときに重要である以下のポイントと、ユーザーの口コミアンケートにより相対的に決定されています。

■ レッスン料金:レッスン単価の安さや入会金・その他費用・返金制度の有無、通い放題かどうか、など受講者が学習が継続しやすいかをレビュー評価しました。
・比較した全サービスの料金の中央値と比較して決定
・加点:入会金不要 / その他費用不要 / 返金制度あり / 通い放題あり

■ 講師の質と数:学習の効果と効率の観点から、講師数と講師の特徴などの質をもとにレビュー評価しました。
・比較した全サービスの講師数の中央値と比較して決定
・加点:講師(ネイティブ・日本人講師・日本語可能講師)の幅が広い / 講師の特徴が相対的に優れている

■ カリキュラム・教材・コースの充実度:カリキュラム・教材・コースの充実度と使いやすさ、教材費の有無の観点からレビュー評価しました。
・減点なし:幅広く網羅 / 教材費が完全無料
・減点:教材が少ない / 教材費が有料 or 一部有料
・加点:初心者コースあり / ビジネス対応あり / 資格試験対策(TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等)可能 / 留学サポートあり / その他優れた特徴あり / レッスン人数にバリエーションあり

■ 受講システムの使いやすさ(オンライン英会話・英語コーチングの場合):受講がしやすい環境かどうかを「学習環境・利用ツール・講師の勤務環境・予約・キャンセルシステムの使いやすさ」からレビュー評価しました。
・加点:予約・キャンセルが1時間未満でできる
・減点なし:予約・キャンセルに融通が利く / 講師の勤務環境がオフィス / アプリ or 独自システム使用可能
・減点:予約・キャンセルがフレキシブルでない / 講師の勤務環境が在宅・要確認 or 在宅・オフィス

■ 通いやすさ(英会話教室の場合):受講がしやすい環境かどうかを「受講可能時間帯・教室数・駅からの近さ・オンライン受講可否」からレビュー評価しました。
・加点:早朝レッスンあり※10時以前 / 夜間レッスンあり※20時以降 / 教室数の規模 / 最寄り駅から5分以内 / オンラインでも受講可能

※ 総合評価の評点は、上記評価軸によるレビュー評点の平均です。
※ 評点は、カリキュラムやスクールの特徴・プロリア英会話に寄せられた口コミなどをもとに、記事ごとのその特性にあわせて点数に重み付けを加点し、相対的に決定しています。
※ TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等、資格特化の記事にはスコアアップの実績有無を加味するなど、特定の記事にレビュー評価の軸を追加しています。

良かったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

この記事を書いた人

シュン_2023のアバター シュン_2023 Webライター / 英語学専攻 / 英語教員

英語学専攻 / 英語教員歴9年

私立中学・高等学校に勤務し、普段は生徒に英語を指導。文法の基礎だけでなく、シャドーイングやアウトプット活動を重視した授業を展開。
特に英検2級と準1級の指導が多く、校内では外部英語検定チームの一員として英検研究に励んでいます。2次面接対策も生徒に行うことが多く、ほとんどの生徒は1発で2次試験に合格しました!

オンライン英会話を活用し、英検1級・TOEIC975点を取得。現在は、アプリを活用した英語学習を模索中。

WEBライターとして、英検対策や英語学習について発信するだけでなく、オンライン英会話のライティング添削なども行う。

おすすめスクールの口コミ・評判

著者一覧

あなたの英語学習を一緒に応援してくれる仲間たち

スクロールできます

間野 由利子のアバター 間野 由利子 ライター

明治大学サービス創新研究所客員研究員/ライター
2019年からオンライン英会話を始め、現在4年目。世界各国の人とオンライン英会話を通じて知り合った人たちと友達になり、現在は各国に友達ができるまでに。オンライン英会話、英語コーチング、TOEICスクールなど、複数を受講経験あり。目標は、海外の教育者と意見交換したり、映画プロデューサーにインタビューすること。

黒須 千咲のアバター 黒須 千咲 フリーランスライター

中学時代に英語に目覚め、外国語科の高校に通った後、法政大学GISで英語漬けの4年間を過ごしました。学生時代には、アメリカとイギリスの短期留学も経験。大学卒業後は夢だった自由な働き方を実現するため、オーストラリアワーホリへ。ライターを目指しつつ、シドニーでウェイターとして約半年働きました。現在は、日本でギリシャ人の夫と暮らしながら執筆活動中。主に英語学習に関する記事を執筆しています。TOEIC920点英検準1級取得済み。

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

川田 幸寛のアバター 川田 幸寛 英語コーチ / ライター

高校時代に英語を猛勉強し、校内偏差値が40→80にUP。大学では英語教育を専攻し、4年次にオーストラリアのパースへ留学。「話す」「聞く」にフォーカスを置いて、現地の人々や世界各国の留学生と交流を深めた。その結果、ケンブリッジ英検B2TOEIC400→835を取得。現在は、海外へ行きたいけど英語に不安がある人たちのサポートや後押しをしている。

さわのアバター さわ ライター

元こども英会話教室の主任講師。4年間イギリス人講師とペアでティーチングしつつ、日々の会話の中から日英の文化の違いにも興味を持つ。海外在住歴や留学経験などはなく、地道に英語学習した後に講師へ。教室型英会話とオンライン英会話の受講経験あり。これらの経験を活かし現在は英語関係の記事を執筆している。

夢はライター活動をしながら旅をすること。各土地で輝いている人を見つけてインタビューし、頑張る人を応援するメディアを作りたい。

まつのアバター まつ WEBライター / 日英通訳・翻訳者

米国にて学士留学3年間と英語での仕事を20年経験。
サイエンス・ビジネスおよび日常生活の話題まで幅広いジャンルの英語を得意としています。

TOEIC945と英語経験を生かして、英語が苦手な方をサポートできるようブログ執筆活動を始めました。

WEBライターとしても活躍中。海外現地情報をリサーチしたライティングを得意としています。

英語の楽しさと奥深さを読者の皆様にお届けできますように。

Shihoのアバター Shiho 都内外資系勤務 / ライター

10歳の時に通い始めた英会話教室の影響で英語に興味を持ち、以来20年以上にわたりずっと英語の勉強を続けている。

高校生の時に英語スピーチコンテストで優勝経験あり。語学の有名な某四年制大学の外国語学部英語学科を卒業。留学経験はないながらも、TOEIC L&Rテストでは独学で925点を取得。現在は都内外資系企業にて、日々英語を使いながら仕事をしている。

また、会社員の傍らWebライターとして、英語学習コンテンツの制作にも携わっている。

長尾 浩市のアバター 長尾 浩市 株式会社EduMe代表

株式会社EduMe 代表 
アメリカ大学院にて英語教授法(TESL: Teaching English as Second Language) の修士を取得。

その後、高校生や大学生に英語を教えて20年。TOEFL指導や海外大学留学支援なども手がける。

現在は、子供向け英語プログラミング塾「ワンダーコード」を運営。

中高英語教員免許 / 英検1級 / TOEIC980点

Bekkiのアバター Bekki 字幕翻訳家 / ライター

20歳に受けたTOEICは480点→45歳、二度目の挑戦では915点。
夫はイギリス人で家族で日本在住7年目。双方ともに西ヨーロッパに親戚が多く移住しており、西ヨーロッパのの知識が豊富。
字幕翻訳に関わる前は日本語講師として日本語を英語を使って教えていた。
現在、本業の傍らで小規模の英会話教室運営中。J-SHINE、TESOL取得。イギリス老舗のジョリーフォニックスの講習会を修了。
将来の夢は、60歳までにイギリスの大学に留学すること。

Proteinのアバター Protein Webライター

英語講師歴14年目。シンガポールに4年間駐在。

取り柄のない学生時代を経て、オンライン英会話やスクールに通いシャドーイングガチ勢としてガリ勉。

その結果、英検1級国連英検A級TOEIC990点IELTS 7.5TOEFL102点を取得し、英語で飯が食えるように。
現在は高校で非常勤講師をしながらオンライン家庭教師やってます。オンライン指導はTwitterのDMまで。

ニモのアバター ニモ ライター

中学のころから英語好きが始まる。高校のころは、英語の教科書を丸暗記するほど音読に没頭。英語だけでは飽き足らず、大学ではフランス語を専攻し、言語学や音声学も学ぶ。ただ、英語好きはずっと変わらず、その後も勉強を続け、社会人になってから英検1級を取得。

自分の学んだ英語学や言語学を単なる知識で終わらせず、他の人が活用できるように、実用的な形で提供したいと考えている。
最近ではKindle本執筆にも挑戦し、『単語と単語の意外な関係』などの本を書いた。

私立中高英語教師歴10年。長期留学経験なしで、オンライン英会話などを活用して英語学習を継続。

TOEICは920点を取得。普段は中学生や高校生に英語を指導。
英語の苦手克服から、難関大学受験対策まで幅広く対応。

オンライン英会話5年目。さらに英語力向上を目指して日々学んでいます。

あきこのアバター あきこ ライター

慶應法学部卒→JTCで海外事業に携わるも英語力が足りずに挫折→転職→妊娠・出産で退職→35歳で一念発起して英語を学び直し。留学・海外経験なしから独学でTOEIC900点を獲得→翻訳者。
ELSA speakには絶賛ハマり中。英検1級通訳案内士取得を目指している。

遠藤 邦彦のアバター 遠藤 邦彦 ライター・翻訳者

元高校英語教師 / ライター・翻訳者
高校社会科教師の傍ら英語を学び、英語教員免許を取得。その後大手英会話スクールに通いTOEICで930点を取得。長野オリンピックでVIP接遇の通訳ボランティアを経験し、高校英語教師に転身。55歳にして英語検定1級を取得する。苦労して英語を学んだため、英語学習の大変さを誰よりも知っている。現在は、オンラインでスペイン語を学び、スペイン語の通訳を目指している。

Karenのアバター Karen ライター

1年の留学経験あり。帰国後は英語力向上のため、オンライン英会話で会話を学んだり発音矯正のスクールに通う。

その後、独学でTOEIC885点取得。英語力を活かし、前職は子ども向けのオンライン英会話講師として活躍。

現在は2児のワーママとして親子でお家英語に取り組み中です。

【目次】 この記事でわかること