【プログラミングスクールやめとけ】と言われる業界の闇!無料で就職できる仕組み解説

【プログラミングスクールやめとけ】と言われる業界の闇!無料で就職できる仕組み解説

ピックアップスクール(PR)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

運営は有名企業のDMMグループ。転職率98%&転職保証付き。さらに「専門技術コース」は給付金対象で最大70%キャッシュバック。

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

ピックアップスクール(PR)
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

運営は有名企業のDMMグループ。転職率98%&転職保証付き。さらに「専門技術コース」は給付金対象で最大70%キャッシュバック。

tech boost(テックブースト)

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

「プログラミングスクールはやめとけ」という否定的な評判の原因を調査!
業界の闇とも言われるスクールと就職先のお金の流れ・卒業後にどんなエンジニアになれるのか・SES企業と無料スクールの関係・独学で勉強するべきかどうかについて解説します。
おすすめのプログラミングスクールを選ぶ参考にしてください。

目次

「やめとけ」と言っているのは誰か

プログラミングスクールは必要ない・通っても意味ないと言う人には、大きく3種類の立場があります。

  • プログラミングスクールに通わずにエンジニアになった人
  • プログラミングスクールの経営に闇があると感じている人
  • プログラミングスクールに通ったけど夢が実現しなかった人


まず「プログラミングスクールに通わずにエンジニアになった人」あなたと立場が違う可能性が高いので注意が必要です。
プログラミングスクールは必要ないと言う人の多くは、技術者を目指す大学の卒業生や、プログラミングスクールがまだ発展していなかった時代から働き始めた、年長のエンジニア。
立場や時代背景が違う人の体験談は、あなたがスクールに通わなくてもいい理由にはなりません。

プロリア編集部-1のアイコン画像
バックグラウンドが違う人の体験談に影響を受けて「じゃあ、私もスクールに通わずに独学でエンジニアになれるかも!」と安易に考えるのは危険です。


次に「プログラミングスクールの経営に闇があると感じている人」「プログラミングスクールに通ったけど夢が実現しなかった人」が、なぜプログラミングスクールに通わないほうがいい・意味がないと言っているのか調べてみました。

「プログラミングスクールやめとけ」と言われる理由

「プログラミングスクールはやめとけ」と言われている理由は、大きく6つに集約されます。
「やめとけ」と言われる6つの理由

  1. ビジネスモデルが闇だからやめとけ
  2. 無料スクールは卒業後の進路に自由がないからやめとけ
  3. ほぼSES企業にしか就職できないからやめとけ
  4. 受講料が高いからやめとけ
  5. 独学でも学べるからやめとけ
  6. すぐに稼げるようにはならないからやめとけ

プログラミングスクールに否定的な悪い評判のなかには、事実との差異がある誤解が含まれていたので、この6つの詳細をひとつずつ解説していきます。

ビジネスモデルが闇だから「やめとけ」

やめとけと言われる理由のひとつに「プログラミングスクールは労働力を搾取して、儲けている」という意見があります。
なぜなら、プログラミングスクールとスクールが紹介する就職先企業との間には金銭が発生しているからです。

プログラミングスクールの収益構造

プログラミングスクールの収益源は2つあります。

  1. 生徒からの受講料
  2. 卒業生に就職を斡旋した企業からの人材紹介料

双方向から利益を得ていることを指して「プログラミングスクールのビジネスモデルは闇が深い」と表現しているのです。
プログラミングスクールが生徒と企業から得ている収益を図解すると、下記の通りです。

しかし、このような収益構造は珍しいことではありません。
例えば、不動産会社と売り主・買い主の関係は、プログラミングスクールの収益構造と同じです。

受講生Bのアイコン画像
こうやって見てみると「業界の闇」というのはちょっと大げさかも…?

無料スクールは卒業後の進路に自由がないから「やめとけ」

「無料のプログラミングスクールは、SESの歯車にされるからやめたほうがいい」という声も多く見られます。
無料のプログラミングスクールに通った場合、卒業後の進路に自由がない可能性があるのは事実です。
なぜなら無料のプログラミングスクールは、受講料が無料になる条件として「卒業後は提携先のSES企業で就業すること」が必須条件になっている場合が多いからです。

つまり、卒業後に働きたい企業が決まっている人・フリーランスになることを目指している人は、無料スクールの受講はやめたほうがいいと言えます。

SESとは

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、クライアントにエンジニアを派遣すること。
「客先常駐」とも呼ばれます。
SES企業に就職した場合、所属会社から派遣されて派遣先企業でエンジニアとして働くことになります。
「エンジニア限定の派遣会社」とイメージするとわかりやすいです。

SESエンジニアが向いている人

  • SESエンジニアの期間をステップアップのための修行だと考えることができる人
  • 業界未経験だが1日でも早くエンジニアとしてデビューしたい人
  • 多種多様な会社に関わって経験を増やしたい人
  • 規則的な勤務時間でライフワークバランスを安定させたい人
  • 成果に左右されず、安定した収入を求める人


SESエンジニアが向いていない人

  • 働きたい企業が決まっている人
  • すぐにフリーランスとして働き始めたい人
  • 仕事内容に、やりがいを強く求める人
  • 技術志向が強く、開発に携わりたい人

SES企業で働くことすべてが「悪」ではない

SESエンジニアとして働くことに、非がある訳ではありません。
選択の自由を広げようとしてプログラミングを学び始めたのに、卒業後の自由を奪われるという点に矛盾があります。
つまり、卒業後に働きたい会社が決まっている人・フリーランスになることを目指している人は、やめたほうがいいと言えます。

受講生Aのアイコン画像
お金がかからないから、という単純な動機でプログラミングを始めると「情弱を狙った、悪徳なスクールのカモ」にされて後悔する可能性もあるのね!契約内容の確認や、卒業生の就職先などの情報収集は必須!

無料プログラミングスクールとSES企業の関係

無料のプログラミングスクールは、自社傘下・提携企業で働くIT人材を育成するための研修機関であると言えます。
SES企業はプログラミングスクールの受講料を無料にすることで、受講生を集めます。
そしてSESエンジニアとして働けるスキルを身につけさせて、自社傘下・提携企業に派遣するという仕組みです。

無料プログラミングスクールと、SES企業の関係を図解すると下記の通りです。

この構造が「業界の闇」だと言われることもあるようですが、この形式はプログラミングスクール特有のものではありません。
例えば、声優プロダクションや芸能事務所が、声優を目指す人や芸能人の卵を集めるために養成所やスクールを経営しているのと同じ仕組みです。

就職先がほぼSES企業だから「やめとけ」

無料のスクールに限らず、受講料を払って大手のスクールに通っても、就職・転職サポートで紹介される働き先にSES企業が含まれることは事実です。
卒業後にすぐフリーランスで稼げるようになる・いきなり大手有名企業に正社員で就職できると勘違いしていると「こんなはずではなかった」と感じるでしょう。

しかし、プログラミングスクール卒業後の就職先にSES企業が含まれることは事実ですが「就職先がほぼSES企業」というのは間違いです。

プログラミングスクールの転職支援による就職先

大手のスクール各社が公開している卒業生の就職先を調べてみると、自社開発企業も多く含まれています。
SES企業にしか就職できないということはありません。

絶対に自社開発企業に就職したいという場合は、転職サポートによる就職先を公開しているスクールの中から選ぶと安心です。

プログラミングスクール各社が公開している、卒業後の就職先

テックキャンプ
特定の契約形態の企業ばかりご紹介するといったことはございません。
よくあるご質問

テックアカデミー
傾向としてはSES企業、受託開発企業が少し多くなっております。
TechAcademyサポート

侍エンジニア
自社開発企業から受託開発企業、SES企業まで幅広くご紹介可能となっております。
よくある質問

ポテパンキャンプ
SESや派遣企業ではなく、開発できる開発企業への転職成功をサポート致します。
ポテパンキャンプ


なぜ「SESエンジニアはやめとけ」と言われるのか

SES派遣という雇用形態では多重下請け構造に陥りやすく、どうしても給料の上限にキャップがかかってしまいます。
上流工程・下流工程は上下関係を示すものではありませんが、SESでは下流工程を任されることが多く、SESエンジニアの現場では、学べる技術に限りがあると言えます。

目の前にある「作業」にしか関われないので、もっと根幹にかかわる「開発」をやりたいと考えている人には不向きです。
エンジニアとして給料をあげていくためには、SESエンジニアとして働く期間は「ステップアップのための下積み期間」として考えたほうがいいでしょう。



一方で、SESエンジニアは多種多様な会社で経験できる・未経験でも仕事が見つかりやすい・勤務時間が規則的で給与も安定しやすいなどのメリットがあります。

自社開発企業への就職やフリーランスを目指す場合でも、まずはエンジニアとしての実績が必要です。
実務経験があったほうが信頼を得やすく・給与交渉もしやすいので有利になります。

受講料が高いから「やめとけ」

「プログラミングスクールの受講料は高すぎる」という声も少なくありません。
プログラミングスクールの受講料はだいたい20~30万円程度で、確かに高額です。

しかし、専門性の高いスキルを身につけられると考えれば、その受講料は納得できるものであり、高すぎることはありません。
医療職を目指す看護学校・消防士や警察官などの公務員を目指す学校など、専門的な知識を習得するには、それなりの入学金・受講料がかかります。

学費の相場
プログラミングスクール30万円
看護専門学校250万円
語学専門学校115万円
公務員予備校66万円
公務員専門学校100万円


仕事につながりやすいスキルを身につけて生涯年収をアップできると考えれば、決して無駄ではなく、エンジニアとして成功するために必要な初期投資だと言えます。

独学でも学べるから「やめとけ」

スクールの受講をおすすめしない理由に「独学でも十分」「独学のほうが安く済むから、スクールの受講料はお金の無駄」と語られることがありますが、これは本質ではありません。

お金を払ってスクールに通うのは体系化されたカリキュラムで効率よく学べることに意味があります。
確かに独学でもプログラミングは学べますが、どうしても膨大な時間がかかってしまいます。

株式会社SAMURAIが行った調査によると、エンジニアになるために必要な学習時間は1日平均4時間24分、期間は17か月という結果が出ています。
ここから計算するとエンジニアになるために必要な学習時間は2244時間となります。

対して、プログラミングスクールのカリキュラムは、およそ300~500時間程度を目安としています。
プログラミングスクールを利用すれば、「短い時間で習得できる」と言えます。
膨大な時間をかけて独学でエンジニアを目指すよりも、圧倒的に早くエンジニアとしてデビューすることができます。

さらに、卒業後の就職・転職サポートが受けられることを考えれば、十分に受講料を払う価値があるはずです。

すぐに稼げるようにならないから「やめとけ」

「スクールを卒業しても、低単価の仕事しか受注できない」「すぐに稼げるようにならないから、通っても意味がない」という意見もあります。
プログラミングスクールを卒業したからと言って、すぐに稼げるようになるわけではないのは事実です。
しかし、エンジニアに限らず「初心者がいきなり稼げる業界はない」と言えます。

スクールを卒業することでエンジニアとして働くことができれば、労働環境や働き方を変えることは可能です。
未経験から始められる仕事の中でも、エンジニアは短い労働時間で効率よく稼げる傾向にあります。

さらに高収入を目指すためには、実務経験を積んでステップアップしていく必要があります。
エンジニアとしての実務経験があると信頼を得やすく・給与交渉もしやすいので有利になります。

プログラミングスクール卒業後の末路

プログラミングスクール卒業後の最悪な結果は「時間とお金をかけて勉強したのに、結局エンジニアにはなれなかった」「学習の途中で挫折して、プログラミングが身につかなかった」という場合です。
そのような悲惨な末路に陥らないためには、プログラミングスクールに通う目的・学習のゴール設定をしておくことが大切です。

プログラミングスクールに通う目的・学習のゴール設定によって、選ぶべきスクールは変わります。
どんな目的でプログラミングを学びたいのか

  • スキルアップして現在の仕事で活かしたい
  • 就職・転職のためにスキルを身につけたい
  • プログラミングで副業を始めたい
  • エンジニアとのやりとりを円滑にしたい など

例えば、エンジニアとして副業で稼ぎたい人は「副業向けの案件を受注できるようになること」が学習のゴールなので、在宅ワークで対応でき、求人件数が多い言語を身につけるべきです。
また、案件獲得のためのサポートがあるスクールを選べば、より安心です。

一方で、現在の仕事を辞めてエンジニアに転職したい人は「エンジニアの収入だけで生活できるようになること」が学習のゴールなので、転職市場で需要が高い言語を学ぶべきです。
さらに、転職サポートの充実も不可欠だと言えます。

目的に合わないコースを選択したり・必要以上の学習範囲をカリキュラムとしているコースを選んだりすると、受講費も受講期間も余分にかかってしまいます。
費用と時間を無駄にしないためにも、学習のゴールを意識したスクール選びが重要です。

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

プログラミングスクールに関するよくある質問(FAQ)

ここからは、プログラミングスクールに関する「よくある質問と解答」をまとめました。一問一答形式で、紹介します。

プログラミングスクールと独学の違いは?

独学との違いは、エンジニアデビューまでの「早さ」です。

独学でエンジニアになるまでの平均学習期間は、18.3ヶ月。
プログラミングスクールに通ってエンジニアになるまでの平均学習期間は15.1ヶ月で、「3か月以上時短」です。

体系化されたカリキュラムで学ぶことができるので、無駄がないと言えます。

プログラミングスクールは働きながら受講できる?

仕事を続けながら受講可能です。

多くのプログラミングスクールのカリキュラムは、夜間や休日を活用して学習できるようになっています。

プログラミングスクールの受講生は「働きながら」「家事育児をしながら」など、自分のライフスタイルの中で学習を続けている方がほとんど。
無理なく学習できるか不安な場合は、無料カウンセリングでの相談がおすすめです。

プログラミング未経験の初心者でもついていける?

初心者でも大丈夫です。

プログラミングスクールのカリキュラムは、完全未経験者が基礎から学習することが想定されています。
用語の説明・つまづきやすいポイントの解説など、初心者向けに要点がまとめられているので安心です。

プログラミングスクールの受講料は分割で支払いできる?

分割支払いに対応しているプログラミングスクールが多いです。
月々1~3万円程度の支払いで受講可能です。

クレジットカード払い・銀行振り込み・学資ローンなど、スクールによって可能な支払方法が違うので、事前に確認が必要です。

プログラミングスクールに受講資格・年齢制限はある?

基本、プログラミングスクールの受講に年齢制限はありません。
学習する意欲があれば受講可能なスクールがほとんどです。

一方で「転職を保証する」「無料で受講できる」などの特別な待遇があるコースでは、年齢制限があるスクールも存在します。

プログラミングスクール受講料の費用相場はいくら?

大まかに30万円〜70万円程度が相場です。

プログラミングを学ぶ目的によって、金額感は大きく変わります。
基礎習得を目指すコースの平均費用はおよそ24万円。
対して、転職・就職を目指すコースの平均費用はおよそ64万円です。

プログラミングスクールの学習時間は1日何時間?

働きながらスクールを受講する場合、プログラミングの学習時間は週15~20時間程度が目安。
平日に2~3時間・休日に4~5時間ほど勉強時間が確保できれば、卒業することができます。

オンラインと通学はどっちがいい?

大人向けのプログラミングスクールは、学習場所を選ばないオンライン受講が主流。

カリキュラムに沿って学習を進めながら、わからないことがあったときにはオンラインで質問ができるようになっています。
一方、子ども向けのプログラミング学習は、オフラインで教室に通学する形式も人気です。

プログラミングスクールの無料カウンセリング・無料体験って何をするの?

プログラミングスクールの無料カウンセリングとは、コース料金・学習スケジュール・卒業後の進路など、プログラミング学習に関する悩みを事前に相談できる場です。

当日予約が可能なスクールも多く、ビデオ通話アプリなどを使って自宅から参加することができます。
その場で入学を決める必要はなく、無理な勧誘は一切ないので、いくつかのスクールを比較してみることがおすすめ。

いつから始められるの?

多くのスクールでは、入金した2,3日後からすぐに学習が開始できます。

一方で、受講開始日(入学日・開講日)が決まっているスクールもあり、例えば毎週月曜日から・毎月15日から・奇数月からというように定められているので、事前に確認が必要です。

期間内に終わらなかった場合はどうなる?受講期間の延長はできる?

コースを終了するか・受講期間を延長するか、選べるスクールがほとんどです。

場合によっては、自動延長されるスクールもあるので注意が必要です。
延長料金は、通常の受講料より割引になることもあるので、学習進捗に合わせて事前に相談しておくといいでしょう。

30代・40代でもエンジニアになれる?

努力次第で、30代・40代でもエンジニア転職は可能です。

年齢を重ねるほど転職の難易度があがることは事実ですが、これはエンジニアに限ったことではありません。

優良ピックアップスクール PR

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)の画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

「なりたい」を実現できる日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール

おすすめポイント

専属講師によるマンツーマンレッスンで挫折しないプログラミングスクールNo.1

活躍できるスキルが身につくから、転職成功率98%平均年収65万円アップ

転職支援はもちろん、案件獲得支援や資格獲得支援など目的にあった支援制度が充実

転職成功率98% 平均年収65万円アップ 途中離脱率2.1% 累計指導者数3.5万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 資格獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の画像

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

質の高い講師と科学的根拠に基づいた独自のメソッドで未経験から速戦力へ

おすすめポイント

未経験から最短3か月でプロのITエンジニアを目指せる

独自のカリキュラムと手厚いサポートで転職成功率98%

有名グループ企業運営&豊富な実績で安心して利用できる

転職成功率98% 就職支援 転職保証 オンライン対応 未経験・初心者◯
tech boost(テックブースト)の画像

tech boost(テックブースト)

エンジニアキャリアのプロによる理想のキャリアを実現するプログラミングスクール

おすすめポイント

転職はもちろん、フリーランスや起業など様々な働き方を目指せる

実践型カリキュラムを通して、オリジナルのポートフォリオが作成ができる

スクール卒業後もエンジニアキャリアを一貫してサポートしてくれる

就職支援 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯