Home ニュース プレスリリース 【派遣実態調査】派遣の時給交渉、3割が挑戦。成功率は?

プレスリリース

【派遣実態調査】派遣の時給交渉、3割が挑戦。成功率は?

2020年04月01日

派遣メディア「派遣サーチ」を運営する、メディア運営事業の株式会社TAG STUDIOは、派遣社員を対象に、派遣先の時給交渉に関する意識調査を行いました。

 

<調査概要>
・調査手法:派遣に関するインターネット調査
・対象者:派遣社員 n=523名
(男性 123名 女性403名)
(本人年齢 ~20代 34名、30代 148名、40代以上341名)
・対象地域:全国
・調査時期:2019年12月17日~2019年12月19日

<調査結果のポイント>
■時給交渉にチャレンジした割合は、約3割
■約90%が、派遣の時給交渉に成功している
■もっとも多い上がり幅は、10~100円
■職種別では、エンジニアと事務職が時給交渉に積極的な傾向

<調査結果の詳細>
派遣で働くうえで、仕事選択の重要なポイントとなるのが「時給」です。
時給は、スキルアップや経験を積んでいくと上がるものですが、自分から時給を交渉している人はどのくらいいるのでしょうか。
時給は上がれば上がるほど嬉しいので、気になっている派遣社員は多いようです。
今回は、派遣の時給交渉をしているか、その成功率、どのくらい時給が上がったのかなどをアンケート調査しました。

時給交渉にチャレンジした割合は、約3割

【派遣サーチ記事「派遣社員でも給料をあげたい!時給交渉が上手くいくタイミングやコツとは」https://hakensearch.net/A100215/から引用】

今回のアンケート結果では、時給交渉をしたことがある割合は、31.2%とでした。時給交渉をしたことがあるほうが少数派のようです。では、時給交渉をした結果どのくらい成功するのでしょうか?
 
■約90%が、派遣の時給交渉に成功している

時給交渉をして、実際に時給が上がったと答えた人の割合は、89.3%と、9割近い人が、交渉の結果時給アップできたということでした。
もちろん、必ず成功するとは限らないですが、成功率は比較的高い傾向にあるので、これまで時給交渉にチャレンジしたことがない人も、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
次に、実際にどのくらい時給が上がったのかを見ていきましょう。
 
■もっとも多い上がり幅は、10~100円

時給交渉をした人の中で、もっとも上がり幅として多かったのが「10~100円未満」と、約4割の人が100円もアップしていないということでした。しかし、中には、500円以上アップしている人も一定数います。

■職種別では、エンジニアと事務職時給交渉に積極的な傾向

職種別に見ると、「時給アップ交渉をしたことがある」と回答した割合は、エンジニアがもっとも多く51.5%。唯一半数以上が時給アップ交渉をしている職種でした。次に多かったのが事務職で、36.1%です。
時給の上がり幅については、全体的にエンジニアが高いですが、「500円以上アップした」と回答した割合がもっとも高いのは、事務職という結果でした。

アンケート調査:派遣サーチ(https://hakensearch.net/
 
■会社概要
社名    株式会社TAG STUDIO
所在地   東京都渋谷区代々木三丁目24番4号 あいおいニッセイ同和損保新宿別館ビル2階
代表者   石橋 知幸
設立    2018年10月
資本金   3,000万円
事業内容 メディア運営事業

【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社TAG STUDIO
広報担当 五十嵐
E-mail:info@tag-studio.co.jp
TEL:03-6687-9631
FAX:03-6687-9631

トップに戻る