LGBT+への取り組みについて

インタースペース代表からのメッセージ

インタースペースでは、LGBT+のための取り組みを始めています。 私たちは性別、性自認、性的指向、学歴、年齢、就業経験、家族構成、雇用形態、出身地、国籍などの違いを尊重し、多様な個性や能力を発揮できることが大切と考えます。 この度、社内制度を変更し、性別の取り扱いを本人が希望する性とし、自認する性に基づく通称名の使用を正式に認め、また同性パートナーを配偶者とみなし、慶弔金や慶弔休暇、育児介護休業取得などを認めることと致しました。 LGBT含むすべての社員が働きやすい職場づくりを社員と一緒に作っていきたいと考えています。
インタースペース代表 河端 伸一郎

具体的な取り組み

・新卒採用において、エントリーフォーム内の性別選択を削除しました。
・社内では希望する性での取り扱いをします
・自認する性に基づく通称名の使用を認めます
・同性パートナーを配偶者と同様に取り扱うことを社内規定で明記し、結婚祝い金、慶弔休暇を取得することができます
・育児、介護休業を取得することができます
・性別適合手術の際の休暇取得を認めています
・相談窓口を設置しました
・LGBTコミュニティを新設しました
・ハラスメント指針を改定し、SOGIハラの禁止を明記しました

また、社内に【LGBT+ガイドブック】を整備し、LGBT+ポリシーやSOGIハラ禁止を盛り込んだハラスメント指針、具体的な社内制度、申請方法、相談窓口やコミュニティの記載等生活において不安を払しょくできる取り組みをしています。