多様な個性や能力を発揮できる環境をつくる

2020年11月11日

本日、企業のLGBTに関する取り組み評価指標である「work with Pride」にて最高評価の「ゴールド」を受賞しました。LGBT(セクシャルマイノリティ)に対する会社の考え方や詳しい取り組み内容など、人事部の宮田さんに伺いました! 

 

IMG_7056 (2) 

 

 

人事部 

宮田 奈苗さん 

 

「work with Pride」にて最高評価の「ゴールド」を受賞 

 

―LGBTに関して環境整備を行ったきっかけを教えてください 

 

インタ―スペースでは、働くママを応援する福利厚生制度はかなり充実してきています。一方で、ダイバーシティにおけるLGBT施策に関しては整備されていませんでした。 

 

企業で働くうえで、いろいろな背景を持つ社員が不安や不便さを感じることなく自分らしく働き、最大限パフォーマンスを発揮できる環境づくりを実現したいと考え、企業として多様性を受け入れる環境整備を行いました。 

 

―LGBTに関する取り組み評価指標である「work with Pride」にて、最高評価の「ゴールド」を受賞したとのことですが、どのような取組みが評価されたのでしょうか。 

 

「work with Pride」は、日本の企業内でLGBTの人々が自分らしく働ける職場づくりを進める支援をする任意団体です。 

 

「PRIDE指標」ではLGBTの取り組みについて複数のチェック項目が設けられていて、それにすべて該当する場合は「ゴールド」企業として表彰される制度になっています。 

 

 

当社では、LGBT+ポリシーを策定し、社長メッセージを発信。これに合わせて、採用のエントリー時に性別の記載を無くしたり、入社後は自認する性での勤務を認めました。 

 

また、結婚祝い金、結婚休暇、慶弔休暇、出産祝い金、育児休暇、介護休暇などの社内制度を、同性パートナーも配偶者とみなして全ての社員に平等に与える権利として規定を改定しました。 

 

その他、当事者とアライ(LGBTを理解・支援する人)を対象とした「LGBTコミュニティ」を設置し、当事者の方が悩み事の相談をしたり、他社での良い取り組み事例を皆で共有したりと自由に話せる環境整備をしています。 

 

LGBTへの理解を促し、働きやすい環境を実現するために 

 

―これからどのようなことを意識して推進していきますか? 

 

私たちは多様性を尊重して、多様な個性や能力を発揮できることが大切と考えています。 

 

インタ―スペースで働く全ての社員にとって安心して全力で働ける環境整備を行うことはもちろんのこと、これから入社を考えている方々に対しても心理的ストレスを感じることなく選考を進める環境を作っていきたいです。 

 

 

 

―今後のLGBTをより深める取り組みについて教えてください 

 

LGBTへの理解を促し、働きやすい環境を実現するために社員に向けてLGBTの基礎知識に関する情報発信を行いました。また、より理解を深めてもらうために人事、経営幹部、サブマネージャー以上の役職者に対して順次、研修を実施しています。 

 

研修では、「LGBTとは?」「どんなことに困っているの?」などの基礎知識に加え、2020年6月施行の改定された「パワハラ防止法」に関することなどを伝えています。 

 

 

 

前提の施策の整備はできたので、LGBTへの理解を進めるためにも、社内の「アライ」を増やして、社内イベントの開催や、外部イベントへの参加などコミュティを活性化する取り組みができたらいいなと思います。  

 

また、働きづらさを感じている当事者の方がこういった取り組みを見て、当社に興味を持ってもらえるきっかけになってもらえたらいいですね。 

 

今後も会社の成長に伴っていろいろな課題も出てくるとは思いますが、社員一人一人が働きやすい、パフォーマンスを発揮できる環境づくりに貢献していきたいです。 

ニュース

トップに戻る