ITエンジニアの仕事がきついと言われる3つの理由!業界の将来性を調査

ITエンジニアの仕事がきついと言われる3つの理由!業界の将来性を調査

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

ピックアップスクール(PR)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

ピックアップスクール(PR)
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

tech boost(テックブースト)

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

TECH CAMP(テックキャンプ)

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

ITエンジニアは「仕事がきつい」という印象を持たれがちですが、実際はどの業界でも需要が高く、高収入が目指せる人気の職業です。
仕事がきついと言われる理由を知るために、ITエンジニアの仕事内容や環境を確認してみましょう。

ITエンジニアの仕事がきついと言われる3つの理由

ITエンジニアの仕事は「仕事がきつい」「ブラック」だと呼ばれがちですが、実際はITエンジニア全員が常に仕事がきつい状況なのではありません。
仕事の大変さはケースバイケースなのに、なぜITエンジニアの仕事がきついといわれるのか、理由を3つ紹介します。

  1. 人材不足
  2. 納期やトラブル対応による残業の発生
  3. 知識のアップデートが必要

IT業界は人材不足に悩まされているから

ITエンジニアの仕事がきついと言われる1つ目の理由は、人材不足です。
2019年3月に発表された経済産業省の調査によると、IT人材の需要は拡大する一方。
現在の日本では、需要に対して約37万人の人材が不足しており、さらに2030年にはIT人材の不足数が約79万人になると見込まれています。

人材が足りないまま仕事を進めると、1人あたりの業務量が増えます。
会社も新たな人材を雇いたい考えはありますが、IT化が急速に進む世の中では慢性的な人材不足で人材の獲得は簡単ではありません。
新人を一人前のITエンジニアに育てるには時間がかかるため、結果的に既存のITエンジニアの負担が高くなっているのです。
ITエンジニアの仕事がきついのは人材不足によるもので、きつい仕事を任されているわけでないことがわかります。

納期やトラブル対応で残業が起きがちだから

2つ目の理由として、ITエンジニアの仕事は残業が起きやすいという問題があります。

ITエンジニアの残業が多い理由

  • 案件ごとに締め切りがあるため
  • どんなに準備をしていたとしてもトラブルが発生しやすいため


ITエンジニアの仕事は、案件ごとに納期がありプロジェクトの完成時期が決まっています。
納期に間に合わなければ信用問題に発展するので、どうしても残業しなければならないこともあるでしょう。

予測できないバグが発生するなどイレギュラートラブルはどうしても起こるもので、予定より作業量が多くなることは多々あります。
結果的に、ITエンジニアの仕事は残業が多くなり、体力勝負の仕事となりやすい特徴があります。

技術進歩のスピードが速く、知識のアップデートが必要だから

3つ目の理由は、常に知識のアップデートが必要なことです。
IT業界の技術進歩のスピードが速く、数年前は最新だった情報技術でも新しいものに替わって使われなくなることがあります。

ITエンジニアの仕事を続けるためには、常に新しい知識や技術を習得する必要があります。
学習意欲の高い人でないと、技術の進歩についていけなくなって仕事がきついと感じる可能性があるでしょう。
会社で教育支援をするところもありますが、多くの場合では自分でどんどん知識をアップデートする意欲の高さが求められます。

ITエンジニアの仕事は将来性がある

ITエンジニアは仕事がきついと言われても、それでもITエンジニアを目指すことをおすすめするには理由があります。
それは、ITエンジニアの仕事に将来性があるためです。
今後のさらなる需要の高まりを考えると、デメリットを差し引いてもエンジニアを目指す価値があるでしょう。

IT人材への需要はこれからますます高くなる!

ITエンジニアの仕事をすすめる理由は、今後もITエンジニアの需要が高まると確信できるからです。
その証として、全国の小学校でプログラミング教育が2020年度から必修化されました。
デジタル環境が加速する中、文部科学省がIT人材の育成は急務だと感じていることがよくわかります。

IoT、ビッグデータ型人工知能など、情報技術は次々と社会システムの中へ実装されて私たちの生活に欠かせないものになっています。
技術が進化していくに従って求められる人材の需要も高まるため、ITエンジニアは将来希望の職業です。

ITエンジニアは未経験でも転職可能

ITエンジニアは、初心者で実務経験がなくても転職可能な求人が多くあります。
慢性的な人材不足から、経験の有無を問わずITエンジニアを採用したいと考える企業が増えているためです。
ITエンジニアは実務経験がなくても「知識」があれば採用される可能性が高いです。

未経験からITエンジニアを目指すなら、現場で活躍できるスキルを身につけましょう。
より実践的な学びをしておけば、未経験でも現場ですぐに活躍できます。

高確率で収入UPを目指せる

ITエンジニアが高収入を目指せる理由は、個々の能力が評価されて収入に影響する職種だからです。
経済産業省の調査結果によると、IT人材の給与決定には「ITスキルレベル」 「コミュニケーション能力」「成果」が重要だという回答が90%を超えている一方、「年功」が重要だと答えた企業は30%未満でした。

多くの場合、年次や勤続年数などに応じて賃金が上がって収入アップしていきます。
しかし、ITエンジニアは新しい技術を学んでスキルレベルをあげていくことで、さらに給与アップできるのです。

フリーランス・副業など働き方が多種多様

ITエンジニアは、希望に合わせた働き方が選びやすい職業です。

ITエンジニアの働き方の選択肢

  • 正社員・派遣社員で働く
  • フリーランスで働く
  • 副業として働く


ITエンジニアの仕事は副業として稼げる案件も多く、本業にプラスαで収入を得ることも可能で、収入と経験を増やすことができます。
また、技術を身につけて独立することも可能です。
フリーランスエンジニアになれば、会社員として働くよりも収益の取り分が多くなるため、さらなる高収入が期待できます。
実績を磨き、多くの案件をこなしていけば会社に縛られず自由に稼ぐことを目指せます。

未経験からITエンジニアを目指すには?

未経験者が、ITエンジニアのスキルを習得する方法は複数あります。
スキル習得をゴールにして学習するだけではなく、その先の就職・転職のことまで考えながら学び方を決めましょう。

ITエンジニアのスキルを習得する方法

  1. 独学・自宅学習
  2. プログラミングスクールに通う

独学・自宅学習

独学や自宅学習は、プログラミングの基礎を学ぶのに向いています。

プログラミングを自宅学習で独学する方法

  • 書籍でプログラミング学習をする
  • オンラインで動画形式で学べるプログラミング学習サイトを使う


プログラミングの基礎が学べる本は、数千円で購入できます。
Webサービスやアプリは無料で利用できるものもあり、費用をかけず学ぶことも可能です。

コミュニケーションスキルやマネジメントスキルは、書籍やWebサービスでも学びやすい項目です。
しかし、ITエンジニアのスキルは完全な独学だと間違いを指摘してくれる人がいません。
どこが間違っているのかわからないと、学習時間のロスが発生する恐れがあるので注意しましょう。

プログラミングスクールに通う

挫折を避けたいなら、プログラミングスクールで学ぶ方法がおすすめです。
プログラミングスクールは、初心者でも学びやすいように学習内容が確立されています。
初心者が疑問に感じやすい点を把握しているため、挫折を減らせるでしょう。

また、わからないことはすぐに講師に聞けるメリットもあります。
講師の中には現役プログラマもいるため、ミスを素早く指摘してくれるでしょう。

プログラミング言語は基礎から習得しないと理解できないものも多く、学習の順序も大切です。
スクールだと学びもれを防げます。

プログラミング言語はコードが書ける能力だけでなく、バグを見つけて修正する力も求められます。
現場で活躍する人材を目指すなら、プログラムの管理ができる能力を身につけてください。

ほかにも、スクールの中には就職支援が受けられるところもあります。
就職・転職を視野に入れているなら、求人の紹介やアドバイスが受けられるサービスのあるスクールが便利です。

ITエンジニアへの転身はおすすめ!

ITエンジニアの仕事がきついと言われているのは事実です。
しかし、仕事がきついと言われる理由を理解していれば、納得ができるはずです。
最近では働き方改革が進んで、ITエンジニアが働きやすい環境は整っています。

ITエンジニアの将来性の高さを考えると、年収アップをしたい方・フリーランスを目指す方・副業を考えている方に、スキル習得をおすすめします。

おすすめプログラミングスクール

優良ピックアップスクール PR

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)の画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

「なりたい」を実現できる日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール

おすすめポイント

専属講師によるマンツーマンレッスンで挫折しないプログラミングスクールNo.1

活躍できるスキルが身につくから、転職成功率98%平均年収65万円アップ

転職支援はもちろん、案件獲得支援や資格獲得支援など目的にあった支援制度が充実

転職成功率98% 平均年収65万円アップ 途中離脱率2.1% 累計指導者数3.5万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 資格獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
tech boost(テックブースト)の画像

tech boost(テックブースト)

エンジニアキャリアのプロによる理想のキャリアを実現するプログラミングスクール

おすすめポイント

転職はもちろん、フリーランスや起業など様々な働き方を目指せる

実践型カリキュラムを通して、オリジナルのポートフォリオが作成ができる

スクール卒業後もエンジニアキャリアを一貫してサポートしてくれる

就職支援 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
TECH CAMP(テックキャンプ)の画像

TECH CAMP(テックキャンプ)

未経験から10週間でITエンジニアを目指せる転職保証付きスクール

おすすめポイント

即戦力へと高めるカリキュラムと手厚いサポートで転職成功率98%

給付金の対象だから最大70%キャッシュバック

転職だけでなく、定額で学び放題の教養コースも人気

転職成功率98% 学習挫折率3% 累計受講者数6万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯