プログラミングは独学で学べる?未経験・初心者向けの勉強方法やコツを徹底解説

プログラミングは独学で学べる?未経験・初心者向けの勉強方法やコツを徹底解説

ピックアップスクール(PR)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

ピックアップスクール(PR)
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

tech boost(テックブースト)

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

TECH CAMP(テックキャンプ)

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

プログラミングを独学でマスターする方法を知りたくありませんか?プログラミングは、独学でもマスターすることが可能です。本記事では、プログラミング初心者向けの勉強方法やコツを解説します。

社会人になってから、プログラミングを独学で学ぼうとする方は少なくありません。
プログラミングができるようになれば、自動化ツールやウェブサービス、スマホアプリ、ゲームなどの開発が可能です。

スキルを身につければ、転職や独立開業も夢ではありませんが、そもそもプログラミングは独学でマスターできるのでしょうか。
本記事では、プログラミングを独学で学べるのかどうか、初心者向けの勉強方法やコツなどを解説します。

プログラミングを独学で身につけるには

プログラミングには、専門的な知識や技術が必要であるため、専門学校やプログラミングスクールで学ぶことが一般的です。
では、独学でマスターするのは無理なのかというと、そのようなことはありません。

実際、独学でプログラミングをマスターし、社会で活躍している方はたくさんいます。
ただ、独学でプログラミングを身につけるには、いくつか大切なことを覚えておく必要があります。

以下、プログラミングを独学で身につけるために大切なポイントをまとめました。

プログラミングに必要・準備するもの

まずは、プログラミングを学ぶために必要なものを用意しましょう。
野球を始めるにはバットやグローブ、ギターを習うならギターや楽譜、ピックなどが必要なように、プログラミングを学ぶにも用意すべきものがあります。
とりあえずは、以下の3つを用意しましょう。

  • インターネット環境
  • パソコン
  • テキストエディタ・IDE

インターネットが利用できれば、いつでも情報収集ができます。
ウェブサービスの開発をしたいのなら、なおさらインターネット環境を整える必要があります。
通信が不安定ではストレスを感じてしまうため、安定した回線を選びましょう。

プログラミングを学ぶことを考えれば、パソコンはMacがおすすめです。
プログラミング向きのツールが豊富で、初心者でも扱いやすいからです。
特に、iOS用のアプリを開発したいのなら、Macが欠かせません。

テキストエディタは、プログラミングを書くためのツールです。
また、テキストエディタの上位版ともいえる、IDEなら開発に必要な機能がほぼそろっているため、さまざまな作業をひとつのソフトで行えます。

カリキュラム・学習計画を組む

スクールや通信講座で学ぶのなら、生徒に合わせてカリキュラムを組んでくれますが、独学なら自分で組まなくてはなりません。
行き当たりばったりではなく、きちんとカリキュラムや学習計画を立てることにより、効率のよいプログラミング学習が可能です。

プログラミングをマスターするのに必要な時間は、人によって異なります。
一般的には、初心者がアプリを作れるようになるまでには、だいたい300時間前後が必要といわれています。
まずは、これくらいの学習時間を目安としましょう。

実際には、何を作りたいかによって、プログラミング技術習得に必要となる時間が変わります。
たとえば、簡単な電卓アプリなら、JavaScriptを用いれば10~15時間程度で作れます。
何を作りたいのかを明確にし、そのうえで学習計画を考えましょう。

プログラミングを独学で身につけるステップ

まずすべきは、プログラミングを学ぶ目的を明確にすることです。
何をしたいのか、何を実現したいのかによって、学ぶべき言語や習得に必要な時間が変わってくるからです。

目的を明確にしたうえで学ぶプログラミング言語を決め、学習に必要な環境も構築しましょう。

プログラミングを学ぶ目的を明確にする

目的を明確にしないまま学習をスタートさせるのは、ゴールを決めずに冒険へ出かけるようなものです。
このような状態では、自分がどこへ向かっているのかもわからず、途中で挫折してしまう可能性が極めて高くなるでしょう。

作りたいものや学びたいものを明確にすれば、学習の方針や道筋を決められます。
何をしたいのかによって、必要となる学習時間や学ぶべき言語が変わってくるため、まずは何のためにプログラミングを学ぶのかを明確にしてください。

また、目的はできるだけ具体的にしたほうが学習効率を上げられます。
漠然とした目的、目標では進捗を把握しづらいからです。

「iPhoneで使えるゲームを開発したい」「自動化サービスを作りたい」など、できるだけ具体的にすることで、学習スピードを加速化できます。

プログラミング言語を決める

初心者がプログラミングを学ぶにあたり、まずどの言語から学習すればよいのかは悩むところです。
何をしたいのか、何を作りたいのかによっても変わってきますが、ここでは初心者におすすめの言語をいくつかご紹介しましょう。

言語1.Java

プログラミング初心者の方でも、Javaは耳にしたことがあるのではないでしょうか。
それほど、Javaはメジャーなプログラミング言語のひとつです。

さまざまなOS上で動かせる特徴があり、現在ではAndroidアプリの開発にも用いられています。
Googleにおける三大言語のひとつでもあり、企業がJavaを用いて大規模な業務システムを開発しているケースも少なくありません。

言語2.Swift

Swiftは、初心者にも扱いやすい言語として人気があります。
Apple社が2014年に開発した言語で、読みやすく書きやすいことが大きな特徴です。

iPhoneやiPad用のアプリ開発に用いられる言語であるほか、ウェブアプリケーションやウェブサーバーの作成にも使用されています。

言語3.Ruby

日本発のプログラミング言語としても知られるRuby。
日本国内での人気が依然とし高く、さまざまな人気サイトやSNSの開発にも用いられてきました。

スマホアプリ開発からウェブアプリケーション開発、スクレイピングなど、幅広い開発が可能です。
インターネット上に情報も多いため、学習で悩んだときも安心です。

言語4.Python

Google三大言語のひとつであるPythonは、世界的な人気を誇るプログラミング言語です。
汎用性の高さが人気の理由で、AIやウェブアプリケーション開発、IoTシステム開発、データ分析、デスクトップアプリケーション開発などに用いられています。

世界的な人気を誇る言語であるにもかかわらず、文法が優しいため初心者の方にも適しています。
こちらも、Ruby同様に情報があふれているため、知りたいことをインターネット上でリサーチして解決できます。

環境構築をする

プログラミング言語をデバイス上で動かせるように、環境構築をしなければなりません。
環境構築に必要なのは、テキストエディタやIDEです。
何をしたいかによって、導入したほうがよいツールが異なるため注意しましょう。

たとえば、iOSアプリを開発したいのなら、Xcodeがおすすめです。
iOSアプリやMacのソフト開発に特化したツールであるため、これらのアプリ、ソフト開発をしたい方なら導入を検討しましょう。

Androidアプリの開発なら、Android Studioがおすすめです。
Googleが提供しているIDEで、Androidアプリの開発をバックアップしてくれるさまざまなツールがそろっています。

プログラミングの独学におすすめの本

プログラミングに関する書籍は、数多く出版されています。
中には、初心者の方が独学で学習を始めるのに適した本もあります。

本格的にプログラミング学習を始める前に、読んでおくと効率よく学習を進められるでしょう。
ここでは、プログラミングの独学におすすめの本をいくつかピックアップしました。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

出典元:https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/C92270/


プログラミング全般の知識を得たい方に、おすすめの書籍です。
本書の中では、Pythonを使用したプログラミングを紹介しているものの、内容的にはあらゆる言語におけるプログラミングに役立ちます。

もっとも大きな特徴は、著者自身が独学でプログラミングをマスターしていることです。
著者であるコーリー・アルソフ氏は、独学でプログラミングをマスターすることに成功し、そのときの方法を本書で余すことなく紹介しています。

独学者がプログラミングをマスターするには、実際に独学で学び成功した方の真似をすることが一番です。
著者がどのように独学でプログラミングをマスターできたのか、その軌跡やエッセンスを知ることのできる貴重な一冊といえるでしょう。

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門



プログラミング言語、Pythonを学びたい方に適した本です。
Pythonに関する基本的なことを網羅しており、基礎からしっかりと学べます。

プログラミングに関する書籍は、内容が難しすぎて初心者ではなかなか理解できないものも少なくありません。
独学者が、最初からそのような本を手にとってしまうと、高い確率で挫折してしまうでしょう。

その点、こちらの書籍は初心者の方にもわかりやすいよう、工夫して執筆されています。
プログラミングがまったくわからない方、これから学び始めたいと考えている方におすすめの一冊です。
なお、こちらの書籍はいくつかの続編も出版されています。

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

出典元:https://gihyo.jp/book/2017/978-4-7741-9397-7


Rubyを本格的に学びたい方には、こちらの書籍がおすすめです。
Rubyの基本的な文法を学ぶことができ、実際のプログラミングにおける流れも把握できる一冊です。

Rubyを効率的に学べる内容に仕上がっていることが特徴といえるでしょう。
他の言語と何が違うのか、リファクタリングの要点、デバッグの方法など、実務で必要となる知識を網羅しています。

そのため、最初から最後まできちんと熟読し、内容を理解できればRubyに関する一通りの知識は習得できるでしょう。
具体的なデバッグ技法を学びたい、Railsを学ぶ足がかりにしたい、といった方にもおすすめです。

ただ、プログラミングそのものに関する基礎知識は網羅していません。
そのため、プログラミングがまったくわからない、といった方では、本著の内容は少々難しく感じるでしょう。
ある程度、プログラミングに関する知識がある方向けの一冊です。

【無料あり】プログラミング学習におすすめなサイト

インターネット上には、プログラミングを学べるサイトがいくつもあります。
ここでは、無料で利用できるサイトもご紹介するので、まずはそちらを閲覧してみましょう。
必要に応じて、有料サイトも検討してください。

Progate

出典元:https://prog-8.com/


学べる言語JavaScript、Ruby、Java、Pythonなど
料金無料プラン0円、有料プラン月額1,078円(税込)
難易度初心者から中級者
学習形式スライド学習


初心者が、無理なくプログラミングを学習できるサイトとして人気です。
2014年からスタートしたサービスで、現在100ヵ国以上、200万人以上の方が同サイトで学んでいます。

スライド方式で、効率よくインプット学習とアウトプット学習が可能です。
覚えたことを実際にアウトプットし、答え合わせもできるため、書いたコードが正解なのか間違いなのかわかります。

SNSとの連携機能もあり、学習の進捗をSNSにアップできるのも特徴です。
学習者同士でつながることもできるため、モチベーションを高く保って学び続けられます。

Schoo

出典元:https://schoo.jp/premiumservice


学べる言語Python、Java、Rubyなど
料金無料プラン0円、有料プラン月額980円(税込)
難易度初心者から中級者
学習形式動画


実際にスクールで学ぶような感覚で、プログラミング学習ができると話題のSchoo。
オンライン動画でプログラミングを学べるサイトで、3,000時間以上の動画教材を用意しています。

生放送動画であるため、リアルタイムでレッスンを受けられることが特徴です。
そのため、レッスン中には画面の向こう側にいる講師へ直接質問もできます。

独学の場合、わからないことがあっても質問できる人がいませんが、Schooならそのような問題も解決します。
動画で学んだことをしっかりアウトプットする癖をつければ、着実にスキルを伸ばせるでしょう。

コードガールこれくしょん

出典元:https://paiza.jp/cgc


学べる言語PHP、Ruby、Java、Python、C、C#、C++、JavaScript
料金無料
難易度初心者から中級者
学習形式ゲーム


プログラミング学習ができる、ソーシャルゲーム風の学習ゲームです。
インターフェースには、ソーシャルゲームのようなキャラクターが採用されており、ゲーム感覚でプログラミングを学べます。

対応しているプログラミング言語が多いのも特徴といえるでしょう。
特定の言語だけでなく、いくつもの言語を学びたい方にもおすすめです。

ゲーム性が高く、楽しく学べるのも大きな特徴です。
プログラミング言語擬人化ガチャのようなシステムもあり、ゲームとしても普通に楽しめるクオリティに仕上がっています。

まじめに学習するだけでは物足りない、もっと楽しくプログラミングを学びたい、といった方におすすめです。

CODE COMBAT

出典元:https://codecombat.com/


学べる言語Python、JavaScript、CoffeeScript、Lua
料金基本無料
難易度初心者から中級者
学習形式ゲーム


RPGの要素を取り入れた、楽しく学べるプログラミング学習ゲームです。
教育現場におけるプログラミング学習においても活用されており、世界中に1,200万人以上のユーザーがいる実績のたしかなサイトです。

最初に学習したい言語が選べるため、目的に合わせた学習ができます。
コードを入力しながらゲームを進めていきますが、複数の回答例から選択するスタイルであるため、初心者でも問題ありません。

コードの入力によりキャラクターを動かせるため、どのコードを入力すれば反映されるのかがよくわかります。
楽しくゲームを進めながら、実践的なプログラミングを習得できることが人気の理由でしょう。

プログラミングの独学がはかどるアプリ

プログラミングの独学をサポートしてくれるアプリを、いくつかピックアップしました。
それぞれに特徴があるため、相性のよいものや使いやすいもの、目的にマッチしたものを選びましょう。

Programming Hub


学べる言語HTML、Javascript、C、C++、C#、Swift、Python、Javaなど
料金基本無料
難易度初心者から中級者
学習形式ゲーム


ウェブサイト版もありますが、こちらはそのアプリ版です。
20にもおよぶさまざまな言語に対応しているため、複数の言語を学びたい方にもおすすめです。

アプリ内のテキストを読みながら学習を進めますが、サンプルプログラムの書き換えができます。
コードを書き換え、どのように作動するのかを確認できるのも特徴といえるでしょう。

基本的に無料で利用できますが、アプリ内課金があります。
ゲーム性ももたせたアプリであるため、楽しく学べますが、日本語に対応していないことがデメリットです。

Udemy


学べる言語Python、Javaなど
料金基本無料
難易度初心者から中級者
学習形式動画


Udemyは、動画でレッスンを受けられる学習アプリです。
プログラミングを学べるだけでなく、英語やマーケティング、Excelなどさまざまなコンテンツから選んで学べることが特徴です。

実社会で活躍している、専門家が講師として動画に出演しています。
コースを端末にダウンロードしておけば、オフライン環境下でもプログラミングを学べるのも特徴といえるでしょう。

こちらのアプリでは、3,400にもおよぶトピックが扱われています。
コーディングや開発、プログラミングに関するトピックも多いため、あらゆるプログラミング独学者のニーズにマッチします。

Swift Playgrounds


学べる言語Swift
料金無料
難易度初心者
学習形式ゲーム


Swift Playgroundsは、Apple用のアプリ開発に欠かせない、Swiftを学べるアプリです。
初心者にも扱いやすい設計となっており、効率よくSwiftを学べます。

Swift Playgroundsは、教育現場でも採用されている、実績のあるソフトウェアです。
プログラミングがまったくわからない、子供でもゲームのように楽しく学べるため、初学者や独学者におすすめなのです。

以前は英語版しかリリースされていませんでしたが、現在では日本語版もあるため、安心してください。

LinkedInラーニング


学べる言語Python、Javaなど
料金基本無料
難易度初心者から中級者
学習形式動画


さまざまなスキル習得が可能となるアプリとして人気があります。
アプリ内ではいくつものコースが用意されており、その中にはプログラミング学習コースも含まれています。

各業界のエキスパートが指導しており、中身の濃いレッスンを受けられることが特徴です。
学習コンテンツは定期的に更新されているため、今後さらに学べる言語が追加される可能性もあります。

プログラミング学習は効率が大事

プログラミングは、学び始めた初期の段階で挫折してしまうケースが少なくありません。
特に、独学ではわからないことが多く、質問できる相手もいないため、途中で諦めてしまうケースが後を絶ちません。

本気で、独学によりプログラミングをマスターしたいのなら、強い意志が必要です。
絶対に独学でプログラミングをマスターする、という強い意志があり、正しい方法で学べば、着実にスキルを伸ばしていけるでしょう。

本記事では、独学でプログラミングをマスターするためのコツをご紹介しました。
それらを踏まえて実践すれば、独学でプログラミングを習得することは不可能ではありません。

ただ、プログラミングの独学は、わからないことがあれば自分で調べなくてはならないため、どうしてもマスターするのに時間がかかってしまいます。
趣味で学ぶのならまだしも、転職したい、独立したいと考えているのなら、あまり時間をかけすぎてしまうのはおすすめできません。

効率よく学び、マスターしたいのならスクールの利用も視野に入れてみましょう。
スクールなら、カリキュラムに沿って学習すれば、スムーズにスキルを習得できます。

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

おすすめプログラミングスクール

優良ピックアップスクール PR

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)の画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

「なりたい」を実現できる日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール

おすすめポイント

専属講師によるマンツーマンレッスンで挫折しないプログラミングスクールNo.1

活躍できるスキルが身につくから、転職成功率98%平均年収65万円アップ

転職支援はもちろん、案件獲得支援や資格獲得支援など目的にあった支援制度が充実

転職成功率98% 平均年収65万円アップ 途中離脱率2.1% 累計指導者数3.5万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 資格獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
tech boost(テックブースト)の画像

tech boost(テックブースト)

エンジニアキャリアのプロによる理想のキャリアを実現するプログラミングスクール

おすすめポイント

転職はもちろん、フリーランスや起業など様々な働き方を目指せる

実践型カリキュラムを通して、オリジナルのポートフォリオが作成ができる

スクール卒業後もエンジニアキャリアを一貫してサポートしてくれる

就職支援 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
TECH CAMP(テックキャンプ)の画像

TECH CAMP(テックキャンプ)

未経験から10週間でITエンジニアを目指せる転職保証付きスクール

おすすめポイント

即戦力へと高めるカリキュラムと手厚いサポートで転職成功率98%

給付金の対象だから最大70%キャッシュバック

転職だけでなく、定額で学び放題の教養コースも人気

転職成功率98% 学習挫折率3% 累計受講者数6万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯