初心者にもおすすめ!独学でプログラミングが学べる無料学習ツール・サイト15選!

初心者にもおすすめ!独学でプログラミングが学べる無料学習ツール・サイト15選!

ピックアップスクール(PR)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

ピックアップスクール(PR)
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

tech boost(テックブースト)

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

TECH CAMP(テックキャンプ)

転職保証付きで最短10週間でITエンジニアへ。転職成功率98%、給付金対象で最大70%OFF。定額受け放題の教養コースも人気。

いかに効率よく勉強するか・自分にあった勉強法は何なのかを見極めることがプログラミングスキルを身につける近道。この記事では、プログラミングの勉強法、プログラミングサイトで学習をするメリットデメリット、レベル目的別のサイトの紹介について紹介します。

プログラミングの勉強は独学でも可能ですが、勉強法(プログラミング学習サイト)の選び方は重要です。
いかに効率よく勉強するか・自分にあった勉強法は何なのかを見極めることがプログラミングスキルを身につける近道。
この記事では、プログラミングの勉強法、プログラミングサイトで学習をするメリットデメリット、レベル目的別のサイトの紹介について紹介します。

プログラミング学習サイトの選び方

プログラミングの学習サイトの選び方は4つあります。

  • 学習スタイルで選ぶ
  • レベルで選ぶ
  • 学べる言語で選ぶ
  • 無料の範囲で選ぶ

学習スタイルで選ぶ

プログラミング学習サイトはコードを打ち込んで勉強するサイト、動画を見て学べるサイト、例題を繰り返すドリルのようなサイトなどそれぞれ特徴があります。
レッスン形式で学習を進めたい場合は「動画」形式がおすすめ。
また、ステップアップを目指せる「ゲーム」形式も人気が高いです。

レベルで選ぶ

プログラミング学習サイトは「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」とレベルで分けることができます。
まったく初めてコード目にするという初心者向けの学習サイトと、すでに他のプログラミング言語を習得している中上級者向けの学習サイトでは学びやすさが違うので自分に合ったものを見つけましょう。

学べる言語で選ぶ

プログラミング言語は200種類以上も存在しているので、必要なプログラミング言語をしっかり明確にすることが大切です。
IT業界への転職を考えている人なら求人数が多い言語を選ぶと有利ですし、どんなプログラミングをしたいのかが決まっていれば対応する言語を調べてみましょう。

無料の範囲で選ぶ

プログラミングの基礎的な部分を学びたい方は、無料の学習サイトでも十分なレベルの基礎的なスキルを習得できます。
しかしプログラミングを仕事にしたいと考えている場合、無料の範囲ですべてを学習するのは困難です。
無料の範囲で基礎的な部分を学んでから、有料版のアップグレードを検討しましょう。

プログラミング学習サイトのメリット・デメリット

プログラミング学習サイトのメリット

  • 低コストで学習できる
  • 時間・場所を選ばず学習できる
  • 自力で物事を進める力が身につく

プログラミング学習サイトのデメリット

  • 独学では挫折しやすい
  • 苦手な部分をみつけにくい

プログラミング学習サイトは無料で利用できるものが多く、プログラミングに触れてみたい・言語の特徴を知りたいと考えている方にはおすすめです。
スマホ・タブレットでプログラミングを学べるアプリを選べば、仕事や家事のスキマ時間に学習したり、場所を気にせず学習できるのも嬉しい点です。
自分で考え・自分で学習を進めていくことで、自力で物事を進める力が身につくこともメリットです。

一方で、プログラミング学習サイトでの独学はデメリットもあります。
まず、独学では挫折しやすいということ。
自分自身の力で疑問点を調べて解決方法を模索したり・学習スケジュールを立てたりする過程が苦手な方には向いていません。

【レベル・目的別】プログラミングが学べる学習サイト15選

ここからはプログラミングを学べる学習サイトを紹介していきます。
プログラミング学習サイトを、レベル別・目的別に大きく4つのカテゴリに分けて紹介します。

  • 初心者向けにおすすめな学習サイト
  • ゲーム形式で楽しく学べる学習サイト
  • 動画で学べる学習サイト
  • 基礎知識がある中級者向け学習サイト

初心者向けのプログラミング学習サイト

初心者向けのプログラミングが学べる学習サイトを紹介します。
ゼロから始めてみたい方におすすめのプログラミング学習サイトです。
初心者におすすめのサイト

  • Progate
  • Viscuit
  • CODEPREP

Progate

料金無料、プラス会員1,078円(税込)/月
学習形式スライド方式
学べる言語HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails5、Command Line、Git、SQL
難易度初心者~上級者


スライドを使った学習方式で、ブラウザに直接プログラムを書き体験できるのが大きな特徴です。
全ての言語において初級~上級とクラス分けしており、初級者クラスは無料で体験できます。
レッスン完了前に書いたプログラムが間違っていれば指摘をしてくれるので、どこが悪くて作動しないのかわからないといった問題を解決できるのが魅力的です。

初心者やProgateで体験してみたい方は、「HTML」「CSS」から始めるのをおすすめします。
なぜならば、この2つは知識がなくても学習しやすく、Webサイトで使われる言語だからです。
「HTML」「CSS」に触れてから、他の言語の特徴に触れてみると理解が深まります。
詳細はこちら

Viscuit

料金無料
学習形式ゲーム
学べる言語Scratch
難易度初心者


キャッチフレーズに「コンピューターは粘土だ!」とある通り、子どもが粘土で遊ぶように発想力を養い、楽しく遊べる内容になっています。
ビスケットは元NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学研究所勤務の計算機科学者、原田康徳氏が開発したビジュアルプログラミング言語です。
「メガネ」という仕組みを使い、アニメーション、ゲーム、絵本などを手軽にプログラミングができるのが特徴です。
iOS、Android、Windows用のいずれも完全に無料で、ホームページからダウンロードできます。

使い方に慣れてきて本格的に学びたい方には、ビスケットが運営するスクールもあります。
プログラミング、ロボット製作、デジタルファブリケーションなどが学べる内容となっており、年齢でカリキュラムを区切ることなく、興味・関心に合わせた作品づくりができます。
興味を持たれた方はスクールに通い、スキルアップを目指してはいかがでしょうか。
詳細はこちら

CODEPREP

料金無料
学習形式テキスト形式
学べる言語HTML、JavaScript、CSS、Ruby、PHP、jQuery、Bootstrap、Java、Scala、Python、Rust
難易度初心者~


CODEPREPは、ブラウザのみで対応している穴埋め式ドリルで学習するサービスです。
初心者の方でも短時間で学べるコンテンツが豊富にあり、知識ゼロでも安心して取り組むことができます。

ブックと呼ばれるコンテンツがあり、どれもが小さな穴埋め式ドリルになっています。
穴埋めによって少しずつ知識を得て、初心者でも継続して取り組める配慮がされています。
また一つのセクションが終わると経験値を獲得し称号が得られるので、ゲームをしているような感覚があります。
独学でやっていると、モチベーションが保てず途中で挫折する方が多くいます。
しかし、同じ目的同士の仲間と交流し学習することで、モチベーションを保ちながら学べるのは嬉しいサービスです。
詳細はこちら

ゲーム形式で楽しく学べるプログラミング学習サイト

ゲーム形式でプログラミングが学べる学習サイトを紹介します。
ゲームを通して楽しく学びたい方におすすめです。

ゲーム形式で学べる学習サイト

  • Swift Playgrounds
  • コードガールこれくしょん
  • CODE COMBAT
  • テクノロジア魔法学校

Swift Playgrounds

料金無料
学習形式ゲーム
学べる言語Swift
難易度初心者~


Appleが提供するプログラミングソフトで、iPadを使ってSwiftを学ぶことができます。
タイピングができなくても、下部に出てくるコードの候補をタップするだけでコードが追加できて操作も簡単なので、小学生でも安心して取り組めます。

「move」や「forward」などコードが表記されたブロックをタップするだけなので、タイプミスを起こさず心配なく操作できるのが特徴です。
簡単な問題から始まり、徐々に難易度が上がってきますが、各章ごとが簡潔にまとめられているのでわかりやすく進めることができます。
詳細はこちら

コードガールこれくしょん

料金無料
学習形式ゲーム
学べる言語Java、Python、PHP、Ruby、C、C#、C++、JavaScript
難易度初心者~


日本初のPC向けのプログラミングブラウザゲームです。
人気の高い言語を学ぶことができるので、リリースされてから100万ダウンロードされています。
コードで競うランキング機能があり、恋愛要素も加わっているので楽しく学びながら学習できます。

ゲームの舞台は、ネット上の仮想世界。
記憶を無くしたプレイヤーとしてスタートさせ、ゲームをナビゲートしてくれる「リリア」も同じく記憶がない状態です。
出された課題をクリアしながら記憶を取り戻していくというゲーム設定ですが、萌え要素もあり、ゲーム感覚で学べるのは楽しいですよね。
詳細はこちら

CODE COMBAT

料金無料
学習形式ゲーム
学べる言語Python、JavaScript
難易度初心者~


CODE COMBATは、RPG風にゲームを進めながらプログラミングを学習できるプラットフォームです。
ゲームを進める上で「Python」か「JavaScript」を選択し、ゲーム画面上に主人公と宝が表示されます。

宝に向かってコード入力を行い、宝のもとまで進めていき、獲得した宝で武器や防具を装備するRPG要素満載のゲームです。
プログラミングに触れたことがない方でも、画面上に表示されたコードの中に文字を入力して進めていくので、楽しくプログラミングを学習できます。

詳細はこちら

テクノロジア魔法学校

料金入門・基礎編32,780円、続章・応用編140,800円(税込)
学習形式ゲーム
学べる言語HTML/CSS、JavaScript、Processing、Shader
難易度初心者~


小学生で学ぶプログラミング言語は「Scratch」が主流ですが、テクノロジア魔法学校はScratchの次に学ぶ教材として最適なプログラミングプラットフォームです。
テクノロジア魔法学校は、Webデザイン・ゲーム制作・メディアアートの3つを総合的に学べる上、初心者に最適な4つの言語「HTML/CSS」「JavaScript」「Processing」「Shader」を学べるクロスカテゴリー学習を採用しています。

レッスンは全部で184あり、ディズニー作品を題材にしています。
1レッスンが10~20分ほどなので、馴染みのディズニーキャラクターと一緒に進めていくと楽しくプログラミング学習ができるのではないでしょうか。
価格はお高いですが、プログラミングに興味があってディズニーが好きなお子様がいれば、親子で楽しめる教材となっています。
詳細はこちら

動画で学べるプログラミング学習サイト

仕事や家事のスキマ時間で学習したいという方には動画での学習をおすすめします。
時間や場所を問わずに学習できるので、効率よく学べるのではないでしょうか。
動画で学習できるサイト

  • ドットインストール
  • paizaラーニング
  • Udemy
  • Schoo
  • SKILLHUB

ドットインストール

料金無料、プレミアム会員1,080円(税込)/月
学習形式動画
学べる言語HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby 、Ruby on Rails、Swift、Java、Scala Kotlin 、Python、MySQL、SQLite、Node.js、jQuery、Unity、WordPress
難易度初心者~


HTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学ぶことができます。
最大の特徴は、全ての動画が3分に集約されている点で、コンパクトにまとめられた内容を学習できます。
全部で453レッスン、動画総数は6,811本あります。
一部有料になりますが、各言語の特徴や初歩の部分を学ぶには最適な学習プラットフォームではないでしょうか。

本格的に学びたくなった方にはプレミアム会員への登録も可能で、iPhoneやAndroidアプリの作り方を動画で解説しているので、おすすめの学習プラットフォームです。
詳細はこちら

paizaラーニング

料金無料(一部有料)
学習形式動画、ゲーム
学べる言語C言語、C#、HTML、Java、JavaScript、SQL、PHP、Python3、Ruby、シェルコマンド、CASL-II、Perl
難易度初心者~


paizaラーニングは3分の動画で学習でき、一番の特徴は動画のナレーションを声優が務めているところです。
プログラミングを学ぶ際に、環境構築のために準備が必要な場合もありますが、paizaラーニングは準備も必要ありません。
サイトにアクセスしログインした後、ブラウザで直接学習できるのも魅力の一つです。
わからないところはエンジニアに質問できるので、初心者や独学の人が陥りやすい「挫折」を防いでくれます。

動画でも学習できますが、動画で学んだことを活かしてゲームで学べるコースもいいですよね。
ゲームにはRPGなどがあるため、更に楽しく学べるのではないでしょうか。

paizaラーニングのもう一つの特徴として、就職・転職に向けたサポートが挙げられます。
学ぶ過程でプログラミングの仕事をしたいと思ったときには、このサポートを活用してみてはいかがでしょうか?
詳細はこちら

Udemy

料金無料(一部有料)
学習形式動画
学べる言語C言語、C#、HTML、Java、JavaScript、React、PHP、Python、Ruby
難易度初心者~


Udemy(ユーデミー)は世界最大級のオンライン動画学習サイトです。
世界で活躍するエンジニアが講師として教えてくれるので、実践的なスキルを確実に学べます。
トップページには有料案内の内容が出てきますが、無料で見られるプログラミング講座は3,881もあります。

Udemyでは、9カテゴリーの無料のプログラミングコースがあります。
無料で受けられるコースでは、各言語の特徴や基礎的な部分を学習できるのでおすすめです。

  • 開発コース
  • ウェブ開発コース
  • データサイエンスコース
  • モバイルアプリコース
  • プログラミング言語コース
  • ゲーム開発コース
  • データベースコース
  • ソフトウェアテストコース
  • ソフトウェアエンジニアリングコース

詳細はこちら

Schoo

料金無料(一部有料)
学習形式動画
学べる言語C、HTML、PHP、JavaScript
難易度初心者~


Schooの特徴は、参加型の生放送授業と4,600以上の動画教材を使って学べるサービスです。
生放送授業では、画面内にノートと講義の動画、チャット機能が備わっているので、あたかもそこで授業を受けているような感覚に陥ります。
生放送を見逃しても、月額980円(税込)のプレミアムサービスの契約をすれば録画授業をPCやスマートフォンから視聴できるので、安心して学習に取り組めます。
HTML、PHP、JavaScriptなどを基礎から学べるので、初心者も安心です。
詳細はこちら

SKILLHUB

料金無料(一部有料)
学習形式動画
学べる言語HTML、CSS、RAILS、GIT、JQUERY、JavaScript、React、Ruby
難易度初心者


14講座98レッスンが無料で受講でき、基礎的な部分が学習できるプラットフォームです。
1講座の時間は10分程度で、講師の作業画面を見ながら学習できるので、基礎的な部分と実践的な部分の両方を見ながら学べるのが大きな特徴です。

有料会員になれば、講師が担任となり、一人一人が効率的に作業できるようにサポートしてくれるのと同時に、プログラマとしての支援サービスもあります。
支援サービスの内容として、Webサービスで起業したい、Web業界への就職・転職などの独立転職サポートがあります。
メンターと相談しながら進めることができるので、安心して学習に取り組めるのではないでしょうか。
無料動画を見て本格的に学びたくなった方、将来独立を考えている方にはおすすめの学習サービスです。
詳細はこちら

基礎知識がある中級者向け学習サイト

プログラミングの基礎ができている方には、さらなるスキルを身につけるための難易度の高いものがおすすめ。
基礎の応用に向けて学ぶことができる中級者向けの学習サイト

  • Coffee-Cup
  • ミニツク
  • UDACITY

Coffee-Cup

料金無料
学習形式テキスト形式
学べる言語Ruby、Ruby on Rails
難易度中級者


Coffee-Cupはウェブ制作を通じてフレームワークに使われるRuby on Railsを学ぶことができるサービス。
一番の特徴は、「20時間」で学習できることです。
通常、プログラミングを学ぶときに必要な時間は200~300時間と言われていますが、20時間であれば休日を使って学べますよね。

対応言語はRubyとRuby on Railsのみですが、基礎から実践まで無料で学べるのは嬉しいサービスです。
学習にあたり、HTML、CSSの学習を済ませている人が取り組める内容となっているので、HTML、CSSの知識ある方や短時間で学習したい方におすすめです。
詳細はこちら

ミニツク

料金無料
学習形式動画、テキスト形式
学べる言語Ruby
難易度初心者、中級者


Rubyについて詳しく学べるサイトは少ないので、Rubyを本格的に学びたい方におすすめです。
理解度に応じてコースを選ぶことができ、ドリル形式の穴埋め問題をこなしていくことで学習成果を確認できます。
わからないところは動画による詳しい解説があるので、理解できるまで徹底的に学べるのが嬉しいです。
動画の解説では、Rubyを開発したまつもとひろゆき氏が解説しているので、開発者を目の前に説明を受けるとさらに理解度が深まるのではないでしょうか。
詳細はこちら

UDACITY

料金無料(一部有料)
学習形式動画
学べる言語Java、JavaScript、HTML、CSS、SQL、Swift、Unity、Python、Ruby
難易度初級者~上級者


UDACITYは、大学の講義をオンライン上で受けることを目的として作られた大学講義形式動画です。
就職にもつながる専門性の高い講義もあり、講師陣としてGoogleやFacebook、AT&T、NVIDIAといった一流企業の現役社員が最新技術を教えてくれることが特徴。
データサイエンス、Web開発、ソフトウェア工学、Android開発などの各分野の講座が受講できるのも魅力の一つです。
Full course experienceという有料ですが、コーチング付きのサービスもあります。
一流講師の講義を聞いてみたい方にはおすすめです。
詳細はこちら

学習サイトを活用してプログラミングを楽しく学ぼう!

無料で基礎から学べる学習サイトは数多くあります。
プログラミングを使って何をしたいのか・何を学びたいのかを明らかにすることにより、学習サイトは更に活かされます。
学習サイトやアプリを活用しながらプログラミングの基礎知識を身につけて、第一歩を踏み出してみましょう。

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

おすすめプログラミングスクール

優良ピックアップスクール PR

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)の画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

「なりたい」を実現できる日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール

おすすめポイント

専属講師によるマンツーマンレッスンで挫折しないプログラミングスクールNo.1

活躍できるスキルが身につくから、転職成功率98%平均年収65万円アップ

転職支援はもちろん、案件獲得支援や資格獲得支援など目的にあった支援制度が充実

転職成功率98% 平均年収65万円アップ 途中離脱率2.1% 累計指導者数3.5万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 資格獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
tech boost(テックブースト)の画像

tech boost(テックブースト)

エンジニアキャリアのプロによる理想のキャリアを実現するプログラミングスクール

おすすめポイント

転職はもちろん、フリーランスや起業など様々な働き方を目指せる

実践型カリキュラムを通して、オリジナルのポートフォリオが作成ができる

スクール卒業後もエンジニアキャリアを一貫してサポートしてくれる

就職支援 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
TECH CAMP(テックキャンプ)の画像

TECH CAMP(テックキャンプ)

未経験から10週間でITエンジニアを目指せる転職保証付きスクール

おすすめポイント

即戦力へと高めるカリキュラムと手厚いサポートで転職成功率98%

給付金の対象だから最大70%キャッシュバック

転職だけでなく、定額で学び放題の教養コースも人気

転職成功率98% 学習挫折率3% 累計受講者数6万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯