コードキャンプの悪い評判は誤解!ひどい口コミを分析してわかった8つの真実

コードキャンプの悪い評判は誤解!ひどい口コミを分析してわかった8つの真実

ピックアップスクール(PR)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

運営は有名企業のDMMグループ。転職率98%&転職保証付き。さらに「専門技術コース」は給付金対象で最大70%キャッシュバック。

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

ピックアップスクール(PR)
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。転職成功率98%平均年収65万円アップ。副業やフリーランスなど幅広い目的に対応。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

運営は有名企業のDMMグループ。転職率98%&転職保証付き。さらに「専門技術コース」は給付金対象で最大70%キャッシュバック。

tech boost(テックブースト)

運営はエンジニアキャリアのプロ。キャリアサポート満足度の高いスクール3年連続No.1!! オリジナルWebサービスが開発できるのも魅力。

CodeCamp(コードキャンプ)の口コミや評判を調べてみると「悪い」「挫折」というネガティブなキーワードを見かけますが、誤解や事実と異なる内容も多く見られます。具体的にどのような内容で悪い評価をされているのか、コードキャンプについて書かれた悪評の中身を集計し、151件を総点検!評判と事実の差異を調査しました。

目次

CodeCamp(コードキャンプ)とは

コードキャンプは、受講者の満足度97.1%を誇るプログラミングスクールです。

マンツーマンの授業を受けられる時間が「平日土日問わず・7時〜23時40分まで」と圧倒的に幅広いことが大きな特徴。
時間の融通が利く点で、仕事・家事・学業などと両立しやすいため、学習時間の確保に不安を感じている方は候補に入れるべきスクールです。

受講形態は完全オンラインで、レッスンごとに好きな講師を選んで予約できるシステム。
講師は通過率 8%の厳しい選考を通過した現役エンジニアとWEBデザイナーしかいないので、どの時間帯にどの講師を指名しても、安定したクオリティのレッスンを受講することができます。

WEBデザインが学べるコースや転職向けのコースなど6種類のコースがあり、学びたいスキル・目的に応じて選択できます。

「コードキャンプはヤバイ」が間違いな理由

CodeCamp(コードキャンプ)の口コミや評判を調べてみると「悪い」「挫折」「やばい」というネガティブなキーワードを見かけますが、これは実態をよく知らないまま悪評を書いてしまっているケースや事実と異なる内容も多く見られます。

具体的にどのような内容で悪い評価をされているのか、コードキャンプについて書かれた評判151件の中身を総点検してみたところ、評判と事実の差異がみつかりました。
悪い評判の内容と実態をあわせて要約したので、スクール選びの参考にしてください。

当サイト限定クーポンで15%OFF
無料カウンセリング予約

クーポンコード:176569

申込コース金額の15%OFFクーポン

【クーポンコードの使い方】
無料カウンセリング実施後のアンケートにクーポンコードを記入ください。
※アンケートに回答いただいて、実際にクーポンのメールが届くまでに最大で24時間ほどかかる場合がございます

CodeCamp(コードキャンプ)の悪評:集計結果

実際にコードキャンプで学んだユーザーが、具体的に何に対して不満を感じたのか、集計結果は以下の通りです。

  1. レッスン回数  20.7%
  2. 難しい     15.9%
  3. テキスト    13.1%
  4. 講師選び    11.7%
  5. 価格      10.3%
  6. 転職サポート   8.3%
  7. 時間が足りない  7.6%
  8. 講師の予約    6.2%
  9. その他      6.2%

悪評ワースト8!悪い口コミの中身

コードキャンプが最悪だ・後悔していると評価している口コミをまとめると、悪い評判の内容は以下の8件に集約されました。

  • レッスン回数(ポイント)が足りない
  • 難易度が高く、初心者には難しい
  • テキストがわかりにくい
  • 講師選びで失敗した・時間がかかる
  • 価格に見合っていない・料金が高い
  • もっと濃密な転職サポートが欲しい
  • ボリュームがあって時間が足りない
  • 人気講師のレッスンは予約がとりにくい

レッスン回数(ポイント)が足りない【20.7%】

「もっとレッスンしたかった」「お金がかかるので、わからないことがあるたびにレッスンを増やすわけにもいかない」「レッスン追加で、予算をオーバーした」など、レッスン回数(ポイント)が足りなかったとする口コミが最も多く、20.7%ありました。

レッスンのペースが固定されていると「今日はレッスン日だけど、質問したいことがない」ということが起こります。
聞きたいことがないのにレッスンを受けなければならない仕組みは、非効率。

一方で、コードキャンプは生活リズム・学習進捗に合わせてレッスンを組めることが大きな魅力です。
集中的に学習したい期間があれば連日レッスンを入れることもできますし、仕事が忙しくて自主学習が進まなかった期間があれば今週はレッスンを予約しない、という調整ができます。

レッスン時間内で学習を進めるのではなく「自習でわからなかった不明点の相談にのってもらう時間」だと捉えるとうまくいきます。
学習のペース配分や進捗の伸び悩みがあれば、レッスン時間内にメンターに相談にのってもらうこともおすすめです。

また、レッスン回数を増やしたい場合は1レッスン5500円(税込)で追加できます。
契約するプランによって、追加課金なしで受けられるレッスン回数が違うので、入会前によく考えてからプランを選択することが重要です。
プランごとのレッスン回数

プラン名6ヶ月プラン4ヶ月プラン2ヶ月プラン
受講期間180日間120日間60日間
学習時間目安 / 週5〜10時間10〜15時間20〜25時間
どんな人におすすめ仕事・学業との両立を
優先したい
無理なく
自分のペースで進めたい
短期間で
集中的に習得したい
レッスン回数60回40回20回


どのコースを選んでも、期間中3日に1回のペースでレッスンを受講できるポイント数なので、十分なレッスン回数が確保できると言えます。
それでもポイントの不足に不安がある方は、回数無制限にレッスンが受け放題になるプレミアムプラスコースも用意されています。
コース選択の相談ができる
無料カウンセリング予約

難易度が高く、初心者には難しい【15.9%】

「最低限の知識がないと、なにもできないくらい難しい」「初心者には意味不明で先に進めない」など、難易度に関する悪い口コミは全体のなかで2番目に多く、15.9%でした。

コードキャンプのカリキュラムの難易度が高いのは事実。
だからこそ、そこで得られる知識には価値があり、安価な市販書籍や無料で視聴できるYoutubeでは得られないものです。
エンジニアとして稼げるようになることを目指すなら、誰でも簡単に習得できる初級レベルの知識では意味がありません。

コードキャンプでは、自分で解決できない不明点があったときにはマンツーマンレッスンで質問ができ、その場ですぐに解消できる体制があるので安心です。

また、学習の第一歩をスムーズに進めるためにProgateなどの無料で始められるサービスで事前学習をすること・並行利用をすることもおすすめです。

Progateについてのコラムはこちら

テキストがわかりにくい【13.1%】

「教科書の内容が抽象的」「テキストの内容だけでは課題が達成できない」「テキストの説明が足りない」など、テキストのわかりにくさを指摘する口コミが13.1%ありました。

コードキャンプのテキストは、読むだけでわかる教科書のようには作られていません。
なぜなら、解決方法を調べたり・メンターに質問したりしながら自力で進めていくように設計されているからです。

受講期間は自走力を鍛える期間でもあります。
学習の中で「自分で調べて問題を解決する力」を鍛えることができるので、実践に即した教材だと言えます。

講師選びで失敗した・時間がかかる【11.7%】

「講師によって、あたりはずれがあった」「自分に合わないメンターだと、質問しにくかった」「講師の方と相性が悪く、レッスンの時間が無駄に思えたことがあった」という、講師選びに関する悪い評判が11.7%ありました。

専属講師が一貫して担当するシステムの場合、講師との相性が良くなかった場合にリカバリーできないことがデメリット。
一方で、メンターのプロフィールを見てこちらから指名できる仕組み、合わなかった場合に別の講師に変えることができる仕組みから、テックキャンプは自由度が高いと言えます。

質問内容に応じて「PHPが得意な講師を指名する」「端的にサクサクと進めてくれる講師を指名する」など、レッスン単位で講師を変えてチューニングすることも可能。
相性のいい講師と出会うまでに手間がかかるのは事実ですが、その手間をかけてでもメンター選びにこだわった卒業生は、満足度が高いようです。

メンター選びのコツ

実際に見つかった口コミの中から、メンター選びのコツを紹介します。
Case1.講師の方言・訛りが気になる

受講生Aのアイコン画像
講師が聞きなれない方言だったので、聞き取りにくかった…

メンタープロフィールに出身・経歴・得意分野などを細かく記載している講師が多いです。
講師の方言が気になる場合は、事前に出身地をチェックしておくべし。
プロリア編集部-1のアイコン画像

Case2.なかなか理想の講師と出会えない
受講生Aのアイコン画像
何度検索しても、出てくるのは同じ人ばかり。なかなか理想の講師と出会えない。

決まった時間に稼働しているメンターが多いので、同じ時間帯で検索を繰り返しても時間の無駄。
レッスンを予約する曜日や時間帯を変えて探してみると、新しいメンターとの出会いが広がります。
プロリア編集部-1のアイコン画像

価格に見合っていない・料金が高い【10.3%】

「価格に見合っていなかった」「初めに支払う金額が高いため精神的に辛かった」「確かに高額だが、大手の学習環境の安心感を買った」など、料金に関する悪評は10.3%ありました。

まず、コードキャンプの料金が高いというのは大きな誤解。
他のプログラミングスクールと比べると料金設定が高すぎるということはありません。
また、受講期間の日数で日割り計算してみると、コードキャンプはリーズナブルだとわかります。
プログラミングスクールごとの日割り料金

スクール名受講期間総額日割りの受講料
Code Camp6か月363,000円2,017円
4か月308,000円2,567円
2か月198,000円3,300円
Raise Tech4か月448,000円3,733円
テックアカデミー4週間174,900円6,246円
8週間229,900円4,105円
12週間284,900円3,392円
DMM WEBCAMP COMMIT4か月910,800円7,590円

※すべて税込み
他のスクールと比べて始めやすい価格であるとは言え、1番安いコースでも総額20万円近く必要なのは事実です。
クレジットカード支払いなら最大36回まで分割払いができるほか、当サイトのリンクから無料カウンセリングを申し込み・クーポンコードを入力すると申込コース金額の15%OFFになるので、是非ご活用ください。
当サイト限定クーポンを使った場合の価格
2ヶ月プラン4ヶ月プラン6ヶ月プラン
通常価格198,000円308,000円363,000円
当サイト限定のクーポン価格173,250円
(24,750円OFF)
266,750円
(41,250円OFF)
313,500円
(49,500円OFF)

※すべて税込み
当サイト限定クーポンで15%OFF
無料カウンセリング予約

クーポンコード:176569

申込コース金額の15%OFFクーポン

【クーポンコードの使い方】
無料カウンセリング実施後のアンケートにクーポンコードを記入ください。
※アンケートに回答いただいて、実際にクーポンのメールが届くまでに最大で24時間ほどかかる場合がございます

もっと濃密な転職サポートが欲しい【8.3%】

「紹介された求人数が思ったより少なかった」「フリーランス向けのアドバイスも欲しかった」「転職支援が物足りなく感じた」など、転職サポートに関する悪い評判は8.3%ありました。

コードキャンプの転職サポートは、「キャリアトーク」と呼ばれ追加料金なしで利用できます。
キャリア形成・転職活動・卒業後の働き方についての悩み相談など「気軽に相談できる相手」として使える一方で、転職成功までを並走してくれるような内容ではありません。

もっと濃密な転職サポートが欲しいという場合には月額16,500円で「プラスレッスン」というチャットサービスをオプション追加できます。
レッスンに包含されたサービスではなく、独立した1対1のやりとりなので、キャリアトークでは物足りないという方に利用価値のあるサポートです。

また、それ以上にエンジニア転職に特化したサポートを希望するのであれば、20代限定で利用できるCodeCampGATEがおすすめです。
コードキャンプGATEの主な転職サポート内容

  • 現役エンジニア・デザイナーによるキャリア相談
  • 国家資格を持つキャリアコンサルタントによるキャリア相談
  • ワークや面談を通じた自己分析
  • 履歴書、職務経歴書を作成
  • 面接対策
  • 技術力を伝える推薦状の作成
  • 専属エンジニアメンターとのチーム開発
  • ポートフォリオの制作支援

ボリュームがあって時間が足りない【7.6%】

「全くの初心者には、2ヶ月コースで課題を修了するのは難しかった」「仕事と両立しながら進めるには時間が足りなかった」など、ボリュームに関する悪い評判は7.6%ありました。

時間が足りないと感じるほどのボリュームは、裏を返せば、カリキュラムの充実を意味しています。
誰でも簡単に終わってしまうほど中身の薄いものでは、エンジニアとして稼げるようなレベルには到底及びません。

プランによって、学習期間を選べるので自身が確保できる学習時間を見極めることが大切です。

プラン名6ヶ月プラン4ヶ月プラン2ヶ月プラン
受講期間180日間120日間60日間
学習時間目安 / 週5〜10時間10〜15時間20〜25時間
どんな人におすすめ仕事・学業との両立を
優先したい
無理なく
自分のペースで進めたい
短期間で
集中的に習得したい
レッスン回数60回40回20回

コース選択の相談ができる
無料カウンセリング予約

人気講師のレッスンは予約がとりにくい【6.2%】

あまり多くはない意見ですが「人気の講師は直ぐに予約が埋まってしまう」「希望する講師が夜の時間帯しか予約ができず、苦労した」「人気講師は予約が殺到していて、やむを得ず別の方で予約をする事が多かった」など、講師の予約に関する悪い評判が6.2%ありました。

講師のプロフィールが充実していて規模に沿ったメンターを選びやすいが故に、どうしても人気講師に予約が集中してしまい、レッスンの予約がとりにくいというデメリットがあるようです。
直前に予約しようとすると埋まっていることが多いので、計画的な学習スケジュールを立てて、早めに予約をとることがポイントです。

また、口コミにあったように、予約が集中するピークタイムを避けて学習時間帯を早朝・平日夜などに調整することができれば、解決できそうです。

CodeCamp(コードキャンプ)の悪評分析まとめ

150件を超える口コミを集計した結果、コードキャンプには8つの不安要素がありました。
また「その他の悪い評判」に含まれる少数派の意見は、下記の通りです。

  • 横のつながりを増やしたかった
  • 生徒同士の交流でモチベーションや仕事に繋げたかった
  • 実際に就職してみたら、使わない知識が含まれていた

口コミの内容をすべて熟読したり・1つも不安要素のないスクールを探したりするのは難しいことです。
今回の悪評分析を通じて「この内容なら大丈夫!」と思えた方は、次のステップとして無料カウンセリングを試すことをおすすめします。

総評:CodeCamp(コードキャンプ)で理想のキャリアを手に入れることは可能!

コードキャンプの公式サイトや卒業生の口コミを調べてみると、理想のキャリアを実現した事例が多く見られます。
異業種からの転職・未経験からのエンジニアデビューが圧倒的に多く、納得のいく働き方・満足できる就業環境を手に入れて、充実している卒業生が多い印象です。

独学では難しい「スピード感」「安心感」を求めるなら、プログラミングスクールでしっかりと素地を身につけることが、キャリア実現の近道です。

満足度97.1%のレッスン
無料カウンセリング予約

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

プログラミングスクールに関するよくある質問(FAQ)

ここからは、プログラミングスクールに関する「よくある質問と解答」をまとめました。一問一答形式で、紹介します。

プログラミングスクールと独学の違いは?

独学との違いは、エンジニアデビューまでの「早さ」です。

独学でエンジニアになるまでの平均学習期間は、18.3ヶ月。
プログラミングスクールに通ってエンジニアになるまでの平均学習期間は15.1ヶ月で、「3か月以上時短」です。

体系化されたカリキュラムで学ぶことができるので、無駄がないと言えます。

プログラミングスクールは働きながら受講できる?

仕事を続けながら受講可能です。

多くのプログラミングスクールのカリキュラムは、夜間や休日を活用して学習できるようになっています。

プログラミングスクールの受講生は「働きながら」「家事育児をしながら」など、自分のライフスタイルの中で学習を続けている方がほとんど。
無理なく学習できるか不安な場合は、無料カウンセリングでの相談がおすすめです。

プログラミング未経験の初心者でもついていける?

初心者でも大丈夫です。

プログラミングスクールのカリキュラムは、完全未経験者が基礎から学習することが想定されています。
用語の説明・つまづきやすいポイントの解説など、初心者向けに要点がまとめられているので安心です。

プログラミングスクールの受講料は分割で支払いできる?

分割支払いに対応しているプログラミングスクールが多いです。
月々1~3万円程度の支払いで受講可能です。

クレジットカード払い・銀行振り込み・学資ローンなど、スクールによって可能な支払方法が違うので、事前に確認が必要です。

プログラミングスクールに受講資格・年齢制限はある?

基本、プログラミングスクールの受講に年齢制限はありません。
学習する意欲があれば受講可能なスクールがほとんどです。

一方で「転職を保証する」「無料で受講できる」などの特別な待遇があるコースでは、年齢制限があるスクールも存在します。

プログラミングスクール受講料の費用相場はいくら?

大まかに30万円〜70万円程度が相場です。

プログラミングを学ぶ目的によって、金額感は大きく変わります。
基礎習得を目指すコースの平均費用はおよそ24万円。
対して、転職・就職を目指すコースの平均費用はおよそ64万円です。

プログラミングスクールの学習時間は1日何時間?

働きながらスクールを受講する場合、プログラミングの学習時間は週15~20時間程度が目安。
平日に2~3時間・休日に4~5時間ほど勉強時間が確保できれば、卒業することができます。

オンラインと通学はどっちがいい?

大人向けのプログラミングスクールは、学習場所を選ばないオンライン受講が主流。

カリキュラムに沿って学習を進めながら、わからないことがあったときにはオンラインで質問ができるようになっています。
一方、子ども向けのプログラミング学習は、オフラインで教室に通学する形式も人気です。

プログラミングスクールの無料カウンセリング・無料体験って何をするの?

プログラミングスクールの無料カウンセリングとは、コース料金・学習スケジュール・卒業後の進路など、プログラミング学習に関する悩みを事前に相談できる場です。

当日予約が可能なスクールも多く、ビデオ通話アプリなどを使って自宅から参加することができます。
その場で入学を決める必要はなく、無理な勧誘は一切ないので、いくつかのスクールを比較してみることがおすすめ。

いつから始められるの?

多くのスクールでは、入金した2,3日後からすぐに学習が開始できます。

一方で、受講開始日(入学日・開講日)が決まっているスクールもあり、例えば毎週月曜日から・毎月15日から・奇数月からというように定められているので、事前に確認が必要です。

期間内に終わらなかった場合はどうなる?受講期間の延長はできる?

コースを終了するか・受講期間を延長するか、選べるスクールがほとんどです。

場合によっては、自動延長されるスクールもあるので注意が必要です。
延長料金は、通常の受講料より割引になることもあるので、学習進捗に合わせて事前に相談しておくといいでしょう。

30代・40代でもエンジニアになれる?

努力次第で、30代・40代でもエンジニア転職は可能です。

年齢を重ねるほど転職の難易度があがることは事実ですが、これはエンジニアに限ったことではありません。

優良ピックアップスクール PR

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)の画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

「なりたい」を実現できる日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール

おすすめポイント

専属講師によるマンツーマンレッスンで挫折しないプログラミングスクールNo.1

活躍できるスキルが身につくから、転職成功率98%平均年収65万円アップ

転職支援はもちろん、案件獲得支援や資格獲得支援など目的にあった支援制度が充実

転職成功率98% 平均年収65万円アップ 途中離脱率2.1% 累計指導者数3.5万人 就職支援 転職保証 案件獲得支援 資格獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯
DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の画像

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

質の高い講師と科学的根拠に基づいた独自のメソッドで未経験から速戦力へ

おすすめポイント

未経験から最短3か月でプロのITエンジニアを目指せる

独自のカリキュラムと手厚いサポートで転職成功率98%

有名グループ企業運営&豊富な実績で安心して利用できる

転職成功率98% 就職支援 転職保証 オンライン対応 未経験・初心者◯
tech boost(テックブースト)の画像

tech boost(テックブースト)

エンジニアキャリアのプロによる理想のキャリアを実現するプログラミングスクール

おすすめポイント

転職はもちろん、フリーランスや起業など様々な働き方を目指せる

実践型カリキュラムを通して、オリジナルのポートフォリオが作成ができる

スクール卒業後もエンジニアキャリアを一貫してサポートしてくれる

就職支援 案件獲得支援 オンライン対応 未経験・初心者◯