おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「nice to meet you」正しく使えていますか?正しい意味・使い方など自己紹介で使う表現

初対面の人に使う挨拶「nice to meet you」は、定番のフレーズですよね。みなさんはどのタイミングで使っていますか?

この記事では、ネイティブのような自然な自己紹介の英語表現をご紹介します。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

「nice to meet you」の意味

「nice to meet you」の「meet」は、「会う」「出会う」などの意味をもつ動詞なので、「あなたに出会えて嬉しいです」という意味になります。このフレーズは、初めて会う人への最初の挨拶として適切な表現です。

「nice to see you」との違い

「see」は、「見る」「見える」の意味をもつ動詞です。そのため、「nice to see you」で「あなたを見れてうれしいです」というニュアンスになります。

よってこのフレーズは、日本文化ではなじみがありませんが、2回目以降に会う人に適切な表現として使われています。

「nice meeting you」との違い

「nice meeting you」は、「あなたに会えてよかったです」という意味をもつ、別れ際につかう挨拶です。

「meeting」は、「動詞 + ing」の動名詞で、すでに体験したことを表現することができます。そのため、「meeting」で、「会えて」経験していたというニュアンスになります。

「nice to meet you」を言うタイミング

では、「あなたに出会えて嬉しいです」の意味をもつ「nice to meet you」は、どのタイミングで言えばいいのでしょうか?

日本人の多くは、自分の名前を述べる前に、第一声に「nice to meet you」と言う傾向があります。しかし、このフレーズを初めて会う人にいきなり言うのは不自然です。

ネイティブの使う自然な挨拶は、自分の自己紹介(名前など)をした後に、「nice to meet you」付け加えることです。

(誤)Hi, nice to meet you!

(正)Hi, I’m 〇〇. Nice to meet you!

このように、名前などの自己紹介をした後に、「nice to meet you」と述べるなら、自然な挨拶になります。

ネイティブ風自己紹介の流れ

ネイティブが初対面の人に会ったとき、「nice to meet you」を使う自己紹介の流れは、次の通りです。

1.「Hi」「Hello」などの挨拶

2.「I’m 〇〇」と自分の名前

3.「nice to meet you」

1.「Hi」「Hello」

ネイティブの間では、日本語の「やぁ」のようなニュアンスを持つ「Hi」という挨拶から始まります。

2.名前の紹介

自己紹介をするとき、「わたしの名前は〇〇です」を意味する「My name is 〇〇」と使う方もいることでしょう。もちろん間違いではありませんが、少しフォーマルな表現です。

そのため、ネイティブは日常会話では、「I’m 〇〇」とカジュアルな表現を好みます。

ただし、面接などビジネスシーンなどかしこまった自己紹介の際には、「My name is 〇〇」の方が適切です。

3.「nice to meet you」

名前などの自己紹介をした後に、「nice to meet you」を述べることでネイティブの挨拶になります。

名前以外の自己紹介

「nice to meet you」を言う前、つまり、名前以外にも簡単に自己紹介することができます。例えば、以下のような話題を名前の後に加えることができるでしょう。

・出身地

・家族

・職業

・趣味

では、実際に使えるフレーズをみていきましょう。

出身地

自分の出身地を自己紹介に加えると、共通点が見つかるかもしれません。

I was born in ○○ but grew up in □□.

意味:わたしは〇〇で生まれ、□□で育ちました。

I’m from Japan.

意味:日本から来ました。

家族

家族の人数や結婚年数など、家族を簡単に紹介すると話題が弾むきっかけになるでしょう。

I have one kid.

意味:子どもが1人います。

I have a younger sister.

意味:妹がいます。

My husband and I have been married for 10 years.

意味:結婚して10年になります。

職業

学生の場合は何を学んでいるか、仕事の場合は職種を簡単に紹介しましょう。

I am a college student.

意味:わたしは大学生です。

I am a university student studying economics.

意味:大学で経済学を学んでいます。

I have my own business.

意味:わたしは自営業者です。

I work in the IT industry.

意味:わたしはIT業界で働いています。

趣味

自分の好きなものや趣味について話すこともできます。会話を広げるきっかけとなるでしょう。

I like watching movies.

意味:映画を観るのが好きです。

My hobby is ○○.

意味:趣味は○○です。

「nice to meet you」と言われたときの返答

「nice to meet you」と言われた場合、どのように返事することができるでしょうか?

基本フレーズ

Nice to meet you too.

最後に「too」を付ける定番のフレーズです。

You too.

略して返答することも可能です。

応用フレーズ

I’m glad to meet you, too.

「glad」の代わりに「happy」を使うこともできます。

It’s  nice to meet you, too.

「nice」の代わりに、「good」「great」「lovely」を使って返答することもできます。

Same here.

「Same here」で、「わたしもです」の意味になります。

まとめ

「nice to meet you」の意味と使い方を中心に、自己紹介の表現をご紹介しました。初対面の人に挨拶する際には、「nice to meet you」を使うタイミングを間違えないようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること