おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

英語で「子供」は何と言う?「kid」それとも「child」?違いを解説!

「kid」「child」。どちらも「子供」を意味する英語として、よく見聞きしますよね。
両者にはどのような違いがあるのでしょうか?今回は「子供」の英語表現についてご紹介します。

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

「kid」と「child」の違い

「kid」と「child」は、どちらも英語で「子供」を意味する言葉です。しかし、両者には以下のような違いがあります。

kid(複数形:kids)

原義:子ヤギ
意味:子ヤギ、若者、ガキ、青年などのニュアンス。

会話している人同士が知っている子供、年下の者に対して親しみを込めた呼びかけ

使う場面:日常会話などカジュアルシーン(いわゆる俗語)

child(複数形:children)

原義:子宮の産物
意味:お子様、幼児、幼稚な人などのニュアンス。

大人に対しての子供、親に対しての子供
使う場面:フォーマルなシーン

つまり、両者の最大の違いは、kidは日常会話で使うカジュアルな表現であるのに対し、childは改まったシーンでも使えるフォーマルな表現ということです。

「kid」「child」を使った例文

日常会話での表現

I love my kid. (私は我が子を愛しています。)

The park has a lot of kids. (公園には子供がたくさんいます。)

「kid」はカジュアルな表現なので日常会話で使います。

改まった場面での表現

A father  and his child. (父と子)

Do you have any children? (子供はいますか?)

She is an only child. (彼女は一人っ子です。)

「child」を使うと丁寧な表現になります。

呼びかけの表現

Watch out, kid! (チビ、気をつけて!)

Hey, kid! Come here. (ちょっと君、こっちにきて。)

このように「kid」は呼びかけに使えますが、「child」は使えません。

まとめ

英語で「子供」を意味する「kid」と「child」の違いについてご紹介しました。
今までは両者の違いを気にせず、単語を使っていた方もいることでしょう。これからは両者の違いを意識し、使い分けていきましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること