おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

日本語の「メール」は英語の「mail」?日本人が間違えやすい「メール」の正しい意味

日本語の「メール」は、和製英語です。つまり、日本人が言う「メール」とネイティブが言う「mail」は、意味が異なります。

今回は、日本人が間違えやすい「メール」の正しい意味と使い方をご紹介します。

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

日本語の「メール」と英語の「mail(メール」の違い

日本語の「メール」=「電子メール」

日本語の「メール」は、パソコンやスマホなどと通して送信する「電子メール」を指して使われる和製英語です。

一方、英語では「電子メール」のことを「e-mail」と言います。この「e-mail」の「e」は、電子の意味を持つ「electronic」を省略した形です。

つまり、英語では「電子メール」のことを「メール」と言いません。英語の「メール(mail)」には、次のような意味があります。

英語の「mail(メール)」=「郵便」

英語の「mail(メール)」は、「郵便(制度)」「郵便物」「~を郵送する」を意味します。アメリカ英語では「mail」、イギリス英語では「post」が使われています。

「e-mail」の対義語

  • text
  • text message
  • SMS(Short Message Service)

「mail」に関連する英語表現

  • e-mail:電子メール
  • direct mail(DM):ダイレクトメール
  • junk mail:ジャンクメール
  • spam mail:迷惑電子メール
  • air mail:エアメール(航空郵便)
  • surface mail:陸上・海上郵便
  • email account:メールアカウント
  • email magazine:メールマガジン

「メール」を使った例文

I checked email every day.

(わたしは毎日メール(電子)を確認します。)

Can you send me an email?

(メールを送ってくれませんか?)

Text me.

(メールちょうだいね。)

I open the mail.

(郵便物を開けます。)

I have a lot of mail to answer.

(返事を出さなければならない郵便物が沢山あります。)

まとめ

日本語の「メール(電子メール)」は和製英語で、正式な英語名は「e-mail」です。

日本語の「メール」をネイティブに使うと、「郵便」や「郵便物」と間違えられてしまいますので気を付けましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること