おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「西暦」「世紀」「元号」の英語表記と読み方【まとめ】

みなさんは「西暦」を英語で読むことができますか?英語の西暦の読み方には、いくつかの型があります。

今回は「西暦」「世紀」「元号」など西暦に関連する英語を詳しくご紹介します。

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

「西暦」の英語表現

英語で「西暦」は、「Western year」といいます。実際に日付を言うときには「Western year」とは言いませんが、書類などで見かけることもあるので覚えておきましょう。

では、英語で「西暦○○年」とは、どのように表現するのでしょうか?

西暦2001年以降の読み方(2010年~)

西暦2010年以降は、「前半2桁の数字 + 後半2桁の数字」と2桁ずつ区切る読み方と、「thousand」を使った読み方があります。

なお、イギリス英語では、「thousand」の後に「and」を入れますが、アメリカ英語では省略されます。

2010年twenty ten / two thousand (and) ten
2015年twenty fifteen / two thousand (and) fifteen 
2019年twenty nineteen / two thousand (and) nineteen
2020年twenty twenty / two thousand (and) twenty
2021年twenty twenty-one / two thousand (and) twenty-one
2022年twenty twenty-two / two thousand (and) twenty-two
2023年twenty twenty-three / two thousand (and) twenty-three

西暦2001年以降の読み方(2001年~2009年)

西暦2001年~2009年までは、「two thousand (and) 下1桁の数字」の読み方と、「twenty oh 下1桁の数字」という読み方があります。

2001年two thousand (and) one / twenty oh one
2002年two thousand (and) two / twenty oh two
2003年two thousand (and) three / twenty oh three
2004年two thousand (and) four / twenty oh four
2005年two thousand (and) five / twenty oh five
2006年two thousand (and) six / twenty oh six
2007年two thousand (and) seven / twenty oh seven
2008年two thousand (and) eight / twenty oh eight
2009年two thousand (and) nine / twenty oh nine

西暦1000~2000年の読み方(下桁が0の場合)

下2桁が0の場合

下2桁が0のときは、「前半2桁の数字 + thousand」という読み方をします。

1400年fourteen hundred
1700年seventteen hundred

下3桁が0の場合

下3桁が0のときは、「千の位の数字 +thousand」で読みます。「the year」を付ければ、「西暦」を強調することができます。

1000年one thousand
2000年two thousand

10の位が0の場合

10の位が0のときは、「前半2桁 + oh + 下1桁の数字」で読みます。

1505年fifteen oh five
1908年nineteen oh eight

西暦1000~2000年の読み方(4桁数字の場合)

4桁数字のときは、「前半2桁 + 後半2桁」と2桁ずつ区切って読みます。

1483年fourteen eighty-three
1731年seventeen thirty-one
1985年nineteen eighty-five
1999年nineteen ninety-nine

西暦1000~2000年の読み方(1000年代の場合)

1000年代は、「one thousand」を使います。

1001年one thousand oh-one
1010年one thousand ten
1020年one thousand twenty
1055年one thousand fifty-five

西暦100年代の読み方

西暦100年代は、必ず「hundred」を使って読みます。

100年one hundred
103年one hundred oh-three
112年one hundred twelve
211年two hundred eleven
413年four hundred thirteen

西暦10年代の読み方

西暦10年代は、すべて2桁なので、そのまま読みます。

10年ten
25年twenty-five
77年seventeen-seven

「紀元前」「紀元後」

「西暦」を示す際に、「紀元前」や「紀元後」をあえて表現することがあります。

そもそも「西暦」は、キリストの生誕を基準にした年号です。しかし、非キリスト教徒もいるため、中立的な言い方もあります。つまり、「紀元前」「紀元後」の言い方には、

1.キリストの生誕を基準にした表現

2.中立的な表現

の2種類あります。

1.キリストの生誕を基準にした英語表現

紀元前:BC(ビーシー)

正式名称: before Christ

意味:キリストが生まれる前

紀元後:AD(エーディー)

正式名称: anno Domini

意味:キリストの年

2.中立的な英語表現

紀元前:BCE(ビーシーイー)

正式名称:before the Common Era

意味:共通紀元以前

紀元後:CE(シーイー)

正式名称:Common Era

意味:共通紀元

読み方

近年は、ニュースなど宗教的に中立的な立場が求められるシーンでは、「BCE」「CE」の表現が好まれているようですが、日常会話では「BC」「AD」も使われています。

いずれにせよ、西暦1000年以前のことを述べる際には、「紀元前」「紀元後」を述べることで話が分かりやすくなります。

紀元前・紀元後の英語表記は、そのままアルファベット読みをします。

・紀元400年

400 AD(four hundred AD)

400 CE (four hundred CE)

・紀元3年

3 AD(three AD)

3 CE(three CE)

・紀元前1年

1BC(one BC)

1BCE(one BCE)

・紀元前240年

240 BC(two fourty BC)

240 BCE(two fourty BCE)

「元号」の英語表現

日本では、平成や令和などの「元号」も使っています。「元号」は、「時代」「時期」「紀元」などの意味がある「era」を使って、「era name」もしくは「name of era」といいます。

しかし、英語圏には、「元号」という文化がないため、「Nego(年号)」と呼ばれることもあります。

なお、「日本の元号」は「Japanese era name」、「和暦」は「Japanese calendar」といいます。

「年代」の英語表記と読み方

日本語の「2000年代」には、2000~2010年までの10年間を指して使われます。英語では「年代」を表記するときに、複数形の「s」を数字の末尾につけます。

900年代900s(nine hundreds)
1900年代1900s(nineteen hundreds)
1990年代1990s(nineteen nineties) 
2000年代2000s(two thousands)

日本語では、「90年代」を「ナインティーンズ」と短縮した呼び方があります。同じように英語も1900年代以降は、「nineteen」省略した表記と読み方があります。

70年代70s / 70’s (seventies)
80年代80s / 80’s (eighties)
90年代90s / 90’s (ninties)

「世紀」の英語表記と読み方

英語で「世紀」を書くときは、数字に「th」を付けて序数にします。「前半」は「early」、「半ば」は「mid」、「後半」は「late」といいます。

1世紀1th century
15世紀15th century
20世紀前半early 20th century
20世紀半ばmid-20th century
20世紀後半late 20th century
21世紀21th century

「西暦」を使った日付の書き方

英語の日付の書き方は、「アメリカ式」と「イギリス式」の2種類あります。

例:2020年11月15日

・アメリカ式(上から順にフォーマルからカジュアルな表現)

Novembre 15th,2020

Novembre 15,2020

Nov.15,2020

11/15/2020

11/15/20

・イギリス式(上から順にフォーマルからカジュアルな表現)

15th November 2020

15 Novembre 2020

15 Nov.2020

15/11/2020

15/11/20

英語で日付を書くときの注意点

・アメリカ式で書く場合は、「月」「日」「西暦」の順序で書くこと。

・イギリス式で書く場合は、「日」「月」「西暦」の順序で書くこと。

・アメリカ式は、「日」の後に「,」(コンマ)を入れること。

英語で日付を読むときの注意点

上記の例は、次のように読みます。

アメリカ式:November (the) fifteenth, twenty twenty two

イギリス式:the fifteenth of November twenty twenty two

・アメリカ式で読むときは、「日」の前に「the」を入れるかどうかは自由。

・イギリス式で読むときは、「日」の前に「the」、「日」と「月」の間に「of」を入れて読むこと。

前置詞の使い方

時間は「at」

時間を表現するときの前置詞は、「at」です。

・at 6:00 pm

・I will get up at 5:00am.

曜日・日は「on」

曜日や特定の日を表現するときは、前置詞「on」を使います。

・on Monday

・on Sunday morning

・on May 15th

・My birthday is on May 10th.

月・年・年代・世紀は「in」

月、年、年代、世紀の前置詞は、「in」です。

・in May

・in 2021

・in the 90’s

・in the 20th century

まとめ

英語の「西暦」表記と読み方についてご紹介しました。「前半2桁の数字 + 後半2桁の数字」で読んだり、「0」を「oh」と読むなど基本的なルールがあります。

慣れるまでは大変ですが、何度も口に出してすぐに読めるようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること