おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「be動詞+過去分詞」の受け身文をマスターしよう!英語の受動態の作り方を徹底解説

本ページはPRが含まれています。

プロリアは、複数企業と提携し当サイトを経由してサービスの申込が行われた際は、提携企業から対価を受け取ることがあります。ただしランキングや評価に関して、有償無償問わず影響を及ぼすものではございません。

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

英語の文法「受け身(受動態)」は、日常会話でもビジネスシーンでもよく使われる重要表現の一つです。
今回は、英語の受け身文の作り方を疑問文、肯定文、進行形、未来形、過去完了形など、様々な文章に分類して詳しく解説します。

受け身の文章はどんな時に使われるのか、またどんな動詞がよく受け身の形で使われるのか、どのような前置詞と組み合わせて使われるのか、などの情報も合わせて紹介します。この機会に英語の受け身をマスターしましょう。

【PR】\英語学習におすすめの英会話教室/
  英会話イーオン(AEON)

こんな方におすすめ!

  • 基礎から学びたい英会話初心者
  • ビジネス英語を身につけたい社会人
  • TOEIC・英検などの資格試験対策をしたい学生
英会話イーオン(AEON)

おすすめできる理由は?

無駄な料金なし!誰でも通いやすい料金設定
目標やスケジュールに合わせてレッスンスタイルを選択可能。自分に必要な授業だけを組み合わせられるのでコスパが良い◎

忙しくても無理なく通える!
レッスンは曜日・時間固定&振替OK
予定調整がしやすく学習ペースをキープできる。英語学習が自然と定着し、1人ではなかなか進まかった英語学習の効率もUP!

英語力UPを最短で実現!
30段階で英語レベルを判断&自分のレベル・目的に合ったレッスンを提供。講師は定期的な研修を受けている「英語プロフェッショナル」のみ。在籍数も多くネイティブ外国人講師・日本人講師が在籍しているため、自分に合った講師が確実な上達をサポートします。

無料カウンセリング付
無料体験レッスンを予約する

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

英語の「受け身」とは

英語の文法「受け身」とはどんな用法なのか、意味や語順、使われる場面などを確認しましょう。

受け身ってどんな文章?

英語の受け身は、動詞で表される動作や行為の影響を受ける対象が主語となる文章のことです。
「受動態」とも呼ばれ、「~されている」「~された」と訳されます。

通常の英文では動作や行為をする側(動作主)が主語になることがほとんどで、こうした文章を「能動態」と呼びます。能動態で目的語となる名詞(または代名詞)が、受動態では主語となるわけです。

受け身の文章は、「主語+be動詞+動詞の過去分詞+by~」の語順で成り立つのが一般的です。
「by~」の後ろの部分には、動作や行為をする側(動作主)が置かれます。

受け身の文を使うのはどんな時?

動作や行為をする側(動作主)ではなく、動作や行為から影響を受ける側を主語にする受け身の文を使うのはどんな時なのでしょうか?
受け身の文が使われやすい7種類のケースを紹介します。

動作主が特定できない場合

受け身の文が使われるのは、まず動作や行為をする側(動作主)が誰、または何なのか特定できない場合です。
「My phone was stolen(スマホを盗まれた)」「This high school was built 50 years ago(この高校は50年前に建てられた)」などの文章が当てはまります。

動作や行為をする側(動作主)が誰、または何なのかを特定したくない場合にも、受け身の文が使われます。

動作主の情報が重要ではない場合

動作や行為をする側(動作主)についての情報が重要ではない場合、受け身の文が使われます。
例えば、「The entrance to the supermarket was opened(スーパーの入口が開けられた)」という文では誰がドアを開けたのかは不明ですが、「開店した」という伝えたい情報は、はっきりと伝わります。

動作主が明白である場合

動作や行為をする側(動作主)をわざわざ述べなくても明らかであるという場合も、受け身の文が使われます。

このケースは、「English is spoken all over the world(英語は世界中で話されている)」などの文章が代表的です。
この文には「英語を話しているのは誰か」という情報はありませんが、それはネイティブスピーカーや英語学習者であると簡単に想像が付くので明記されていません。

気持ちを表す文

気持ちや感情を表す文では、よく受け身の文が使われます。
例としてよく挙げられるのは、「be surprised(驚く)」「be pleased(喜ぶ)」「be excited(ワクワクする)」「be satisfied(満足する)」などです。

ネイティブは気持ちの変化を「自分の中から湧き上がってくるもの」ではなく、「何らかの外的原因から与えられるもの」と認識します。
英語の気持ちを表現する文で受身形がよく使われるのはこのためです。

一般論を述べる文

一般論や世間の常識、よくある意見を述べる文でも受け身形がよく使われます。
「be considered(~と考えられている)」「be said(~と言われている)」「be known(~と知られている)」などの文が代表的です。

こうした文は、動作主を主語に置く能動態に言い換えると「we(わたしたち)」「people(人々)」「they(彼ら)」「citizenry(一般の市民)」などが主語になります。

能動態の文では主語が長い場合

動作や行為をする側(動作主)を主語にした能動態の文では、主語の部分が長くなってしまう時も、受け身の文は活躍します。

例えば、以下の例文を見てください。

例文:The mayor of Osaka’s friendly city of Melbourne, Australia, installed this statue.
意味:大阪市の友好都市オーストラリア・メルボルンの市長がこの銅像を設置しました

この文の主語は「The mayor of Osaka’s friendly city of Melbourne, Australia」で、非常に長くなっています。
英語では長かったり複雑だったりする主語は好まれないため、受け身を使ってシンプルな主語の文章に言い換えることが必要です。

この例文を受け身の形にするには、「this statue」を主語の位置に持ってきて、動作主の部分は前置詞「by」で繋いで後ろに置きます。

例文:This statue was installed by the mayor of Melbourne, Australia, a friendship city of Osaka City.
意味:この銅像は大阪市の友好都市オーストラリア・メルボルンの市長によって設置されました

このように、主語が長く複雑になってしまう場合には、受け身の文で言い換えてシンプルにするというやり方はよく使われています。

フォーマルシーン

フォーマルシーンやビジネスの場などでは、受け身の文が使われやすいです。
受け身文は客観的な視点での文章を作ることができるため、こうした改まったシーンで好まれます。

同じ理由で、科学的な話をする時や論文の中でも受け身の文がよく使われます。

英語の受け身文の作り方

それでは、英語の受け身の文章の作り方を具体的に見ていきましょう。

受け身の肯定文

受け身の肯定文を作る場合、語順は「主語+be動詞+動詞の過去分詞(+by~)」となります。

例文:The curtains in that room are closed every day at 6pm.
意味:あの部屋のカーテンは毎日夜6時に閉められます

例文:This drama is set in the 1990s.
意味:このドラマの舞台は1990年代に設定されています

受け身の疑問文

YesかNoで答えられる受け身の疑問文を作る場合、語順は「Be動詞+主語+動詞の過去分詞(+by~)?」です。

このタイプの疑問文には、Yes(はい)なら「Yes, 疑問文の主語+be動詞」、No(いいえ)なら「No, 疑問文の主語+be動詞+not」と答えます。
「疑問文の主語」の部分は、代名詞に言い換えて答えるのが一般的です。

A:Are the curtains in that room closed every day at 6pm?
意味:あの部屋のカーテンは毎日午後6時に閉められますか

B:Yes, they are.
意味:はい、そうです

A:Is this drama set in the 1990s?
意味:このドラマの舞台は1990年代に設定されていますか

B:No, it isn’t.
意味:いえ、そうではありません

「who」「where」などの疑問詞を使った受け身の疑問文は、「疑問詞+be動詞+主語+動詞の過去分詞(+by~)?」の語順になります。

A: What time are the curtains in that room closed each day?
意味:あの部屋のカーテンは毎日何時に閉められますか

B: They are closed at 6 pm.
意味:午後6時に閉められます

A: What time period is this drama set in?
意味:このドラマの舞台はいつに設定されていますか

B: It is set in the 1990s.
意味:1990年代です

受け身の否定文

受け身の否定文を作る場合、「主語+be動詞+not+動詞の過去分詞(+by~)」の語順になります。

例文: The curtains in that room are not closed at night.
意味:あの部屋のカーテンは夜も閉められません

例文: This drama is not set in the 1990s.
意味:このドラマの舞台は1990年代に設定されてはいません(このドラマの舞台は1990年代ではありません)

助動詞を使った受け身文の作り方

続いて、「can」「will」「should」「may」「could」「must」などの助動詞を使って受け身の文章を作ってみましょう。
否定文や疑問文の作り方、疑問文への答え方も紹介します。

助動詞と一緒に「be動詞」が使われる時は、「be動詞」が常に原形(be)になることに注意しましょう。

助動詞を使った受け身の肯定文

受け身の文で助動詞を使う場合、語順は「主語+助動詞+be+動詞の過去分詞(+by~)」です。

例文: That issue should be discussed immediately.
意味:その問題はすぐに話し合われるべきです

例文: The house will be sold within a month.
意味:その家は1か月以内に売れるでしょう

助動詞を使った受け身の疑問文

助動詞を使った受け身の疑問文の語順は「助動詞+主語+be+動詞の過去分詞(+by~)」です。

Yes(はい)なら「Yes, 疑問文の主語+助動詞」、No(いいえ)なら「No, 疑問文の主語+助動詞+not」と答えます。
「疑問文の主語」の部分は、代名詞に言い換えて答えるのが一般的です。

A: Should the issue be discussed immediately?
意味:その問題はすぐに話し合われるべきですか

B: No, it shouldn’t.
意味:いえ、その必要はありません

A: Will the house be sold within a month?
意味:その家は1か月以内に売れるでしょうか

B: Yes, it will.
意味:はい、そうなるでしょう

助動詞を使った受け身の否定文

助動詞を使った受け身の否定文は、「主語+助動詞+not be+動詞の過去分詞(+by~)」の語順です。

例文: That issue should not be discussed now.
意味:その問題は今話し合われるべきではありません

例文: The house will not be sold within a month.
意味:その家は1か月以内には売れないでしょう

様々な時制の「受け身」文

「受け身」の文章が過去形や未来形になった時に、現在形からどのように変化するか確認しましょう。

過去形の「受け身」

過去形の受け身の文章を作る場合、語順は「主語+was / were+動詞の過去分詞(+by~)」となります。

例文: Her phone was stolen yesterday.
意味:彼女のスマホは昨日盗まれました

例文: This nursing school was built 10 years ago by the director of the hospital.
意味:この看護学校は病院の院長によって10年前に建てられました

「be動詞」の部分は、1人称・3人称単数なら「was」、2人称単数・複数なら「were」を使います。

現在進行形の「受け身」

現在進行形の受け身文を作る場合、語順は「主語+am / is / are+being+動詞の過去分詞(+by~)」です。

例文: The entrance to this building is being opened.
意味:この建物の入口は開けられています

例文:This park is being cleaned by town residents.
意味:この公園は町民によって掃除されているところです

過去進行形の「受け身」

過去進行形の受け身文を作る場合、「主語+was / were+being+動詞の過去分詞(+by~)」の語順になります。

例文: When I passed by, the entrance to this building was being opened.
意味:わたしが通りかかった時、この建物の入口は開けられていました

例文: This park was always being cleaned by the townspeople.
意味:この公園はいつも町民によって掃除されていました

「be動詞」の部分は、1人称・3人称単数なら「was」、2人称単数・複数なら「were」を使います。

未来形の「受け身」

未来形の受け身文を作る場合、「be動詞」の部分には「will be」か「be going to be」が使われます。
語順は「主語+will be+動詞の過去分詞(+by~)」、または「主語+be going to be+動詞の過去分詞(+by~)」です。

例文: A package from my mother will be delivered tomorrow.
意味:母からの荷物は明日届けられます

例文: Students are going to be required to take a follow-up exam next week.
意味:学生たちは来週追試を受けさせられる予定です

「will be」は発言するその時に決定したことやまだ不確実な予定を、「be going to be」は以前から計画していた予定や確実に実現する予定を伝える時などに使います。

現在完了形の「受け身」

現在完了形の受け身文を作る場合、語順は「主語+have / has been+動詞の過去分詞(+by~)」となります。

例文: The entrance to this building has been closed.
意味:この建物の入口は閉じられました

例文: This park has been cleaned by the townspeople.
意味:この公園は町民によって掃除されました

疑問文の場合は「Have / Has+主語+been+動詞の過去分詞(+by~)」、否定文の場合は「主語+have / has+not been+動詞の過去分詞(+by~)」の語順です。

過去完了形の「受け身」

過去完了形の受け身文を作る場合、「主語+had been+動詞の過去分詞(+by~)」の語順になります。

例文: The entrance to this building had been closed.
意味:この建物の入り口は閉じられていました

例文:This park had been cleaned by the townspeople.
意味:この公園は町の人たちによって掃除されていました

疑問文の場合は「Had+主語+been+動詞の過去分詞(+by~)」、否定文の場合は「主語+had+not been+動詞の過去分詞(+by~)」の語順です。

受け身形の「be動詞」は省略できる?

受け身形の「be動詞」は省略できません

受け身の文と同じく「動詞の過去分詞形」を使う文に、「過去分詞の形容詞的用法」というものがあります。
これは、過去分詞形を名詞の前や後ろに置いて名詞に意味を付け加える用法です。

この形容詞的用法では「過去分詞」の前に「be動詞」は置かれないため、文章の形によっては「be動詞」が省略されている受け身形に見えることがあるのです。
受け身形の「be動詞」はあくまで省略できないので注意しましょう。

過去形と受け身は「be動詞」で見分ける

ほとんどの動詞は、「過去形」と「過去分詞形」が同じ形になっています。
そのため、動詞の形を見ただけでは過去形の文なのか受け身形の文なのか見分けが付かないことも少なくありません。

そこで確認したいのが、主語と動詞の間に「be動詞」が置かれているかどうかです。
受け身の文は「主語+be動詞+動詞の過去分詞(+by~)」の語順なので、主語と動詞の間に「be動詞」があれば受け身、そうでなければ普通の過去形の文章であると判断できます。

受け身形の「by」以下は省略できる?

受け身形の「by」以下は省略できます

そもそも受け身形の文章では、「by」以下を付け加えないことがほとんどです。
動作や行為をする側(動作主)が特定できなかったり文脈を見れば明白だったりする場合には、基本的に「by」以下は省略されます。

「by」以外の前置詞を使う時

受け身形の文章でよく使われている前置詞と言えば「by」が一般的です。
しかし、動詞に決まった前置詞が組み合わさって慣用句のようになっている場合など、「by」以外の前置詞が置かれることもあります。

例えば、以下のような「be+動詞+前置詞」の組み合わせが代表的です。

  • be surprised at~:~に驚かされる
  • be satisfied with~:~に満足している
  • be made of~:~で作られている、~でできている(材料)
  • be made from~:~でできている、~で作られている(原料)
  • be known to~:~に知られている
  • be known as~:~として知られている
  • be known for~:~で知られている、~で有名である
  • be familiar to~:~によく知られている
  • be interested in~:~に興味がある
  • be disappointed at~:~に失望する、~にがっかりする

例文:The president is very satisfied with his sales performance.
意味:社長は彼の営業成績にとても満足しています

例文:Japanese animation is known to the world.
意味:日本のアニメーションは世界的に知られています

群動詞は形を変えない

「群動詞」とは「動詞+前置詞」が必ずセットになって一つの動詞として使われるものです。
よく使われる群動詞には以下のようなものがあります。

  • take care of~:~の世話をする
  • laugh at~:~を笑う
  • send for~:~を呼びに行かせる
  • speak to~:~に話しかける
  • make use of~:~を使用する、~を利用する
  • bring up~:~を育てる
  • look after~:~の世話をする
  • look up to~:~を尊敬する
  • put off~:~を延期する
  • speak well of~:~のことを良く言う、~を褒める
  • speak ill of~:~を悪く言う
  • look down on~:~を見下す、~を軽蔑する

受け身形の文章で群動詞を使う場合には、まず群動詞の動詞部分を過去分詞形にし、前置詞部分は何も変えずそのまま後ろに「by~」を繋げます
前置詞が2つ並んでしまうので違和感がありますが、群動詞の前置詞も「by~」も省略することはできないので注意しましょう。

例文:Our rose garden was very well taken care of by our daughters while we were away.
意味:私たちの留守中、バラ園は娘たちによってとてもよく手入れされていました。

例文:She was laughed at by all her classmates.
意味:彼女はクラスメイトみんなに笑われました

疑問文の場合は「be動詞+主語+群動詞の過去分詞+by~」、否定文の場合は「主語+be動詞+not+群動詞の過去分詞+by~」の語順になります。

まとめ

今回は、様々な場面での受け身の文章の作り方や受け身の文で使われやすい「動詞+前置詞」の組み合わせを徹底解説しました。
受け身の文章は日常会話でもビジネスシーンでもよく使われる表現なので、ぜひ使いこなせるようになりましょう。

プロリア英会話のレビュー評価について

プロリア英会話のレビュー評価の評点は、オンライン英会話・通学型の英会話教室・英語コーチングを選ぶときに重要である以下のポイントと、ユーザーの口コミアンケートにより相対的に決定されています。

■ レッスン料金:レッスン単価の安さや入会金・その他費用・返金制度の有無、通い放題かどうか、など受講者が学習が継続しやすいかをレビュー評価しました。
・比較した全サービスの料金の中央値と比較して決定
・加点:入会金不要 / その他費用不要 / 返金制度あり / 通い放題あり

■ 講師の質と数:学習の効果と効率の観点から、講師数と講師の特徴などの質をもとにレビュー評価しました。
・比較した全サービスの講師数の中央値と比較して決定
・加点:講師(ネイティブ・日本人講師・日本語可能講師)の幅が広い / 講師の特徴が相対的に優れている

■ カリキュラム・教材・コースの充実度:カリキュラム・教材・コースの充実度と使いやすさ、教材費の有無の観点からレビュー評価しました。
・減点なし:幅広く網羅 / 教材費が完全無料
・減点:教材が少ない / 教材費が有料 or 一部有料
・加点:初心者コースあり / ビジネス対応あり / 資格試験対策(TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等)可能 / 留学サポートあり / その他優れた特徴あり / レッスン人数にバリエーションあり

■ 受講システムの使いやすさ(オンライン英会話・英語コーチングの場合):受講がしやすい環境かどうかを「学習環境・利用ツール・講師の勤務環境・予約・キャンセルシステムの使いやすさ」からレビュー評価しました。
・加点:予約・キャンセルが1時間未満でできる
・減点なし:予約・キャンセルに融通が利く / 講師の勤務環境がオフィス / アプリ or 独自システム使用可能
・減点:予約・キャンセルがフレキシブルでない / 講師の勤務環境が在宅・要確認 or 在宅・オフィス

■ 通いやすさ(英会話教室の場合):受講がしやすい環境かどうかを「受講可能時間帯・教室数・駅からの近さ・オンライン受講可否」からレビュー評価しました。
・加点:早朝レッスンあり※10時以前 / 夜間レッスンあり※20時以降 / 教室数の規模 / 最寄り駅から5分以内 / オンラインでも受講可能

※ 総合評価の評点は、上記評価軸によるレビュー評点の平均です。
※ 評点は、カリキュラムやスクールの特徴・プロリア英会話に寄せられた口コミなどをもとに、記事ごとのその特性にあわせて点数に重み付けを加点し、相対的に決定しています。
※ TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等、資格特化の記事にはスコアアップの実績有無を加味するなど、特定の記事にレビュー評価の軸を追加しています。

良かったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

この記事を書いた人

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

おすすめスクールの口コミ・評判

著者一覧

あなたの英語学習を一緒に応援してくれる仲間たち

スクロールできます

間野 由利子のアバター 間野 由利子 ライター

明治大学サービス創新研究所客員研究員/ライター
2019年からオンライン英会話を始め、現在4年目。世界各国の人とオンライン英会話を通じて知り合った人たちと友達になり、現在は各国に友達ができるまでに。オンライン英会話、英語コーチング、TOEICスクールなど、複数を受講経験あり。目標は、海外の教育者と意見交換したり、映画プロデューサーにインタビューすること。

黒須 千咲のアバター 黒須 千咲 フリーランスライター

中学時代に英語に目覚め、外国語科の高校に通った後、法政大学GISで英語漬けの4年間を過ごしました。学生時代には、アメリカとイギリスの短期留学も経験。大学卒業後は夢だった自由な働き方を実現するため、オーストラリアワーホリへ。ライターを目指しつつ、シドニーでウェイターとして約半年働きました。現在は、日本でギリシャ人の夫と暮らしながら執筆活動中。主に英語学習に関する記事を執筆しています。TOEIC920点英検準1級取得済み。

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

川田 幸寛のアバター 川田 幸寛 英語コーチ / ライター

高校時代に英語を猛勉強し、校内偏差値が40→80にUP。大学では英語教育を専攻し、4年次にオーストラリアのパースへ留学。「話す」「聞く」にフォーカスを置いて、現地の人々や世界各国の留学生と交流を深めた。その結果、ケンブリッジ英検B2TOEIC400→835を取得。現在は、海外へ行きたいけど英語に不安がある人たちのサポートや後押しをしている。

さわのアバター さわ ライター

元こども英会話教室の主任講師。4年間イギリス人講師とペアでティーチングしつつ、日々の会話の中から日英の文化の違いにも興味を持つ。海外在住歴や留学経験などはなく、地道に英語学習した後に講師へ。教室型英会話とオンライン英会話の受講経験あり。これらの経験を活かし現在は英語関係の記事を執筆している。

夢はライター活動をしながら旅をすること。各土地で輝いている人を見つけてインタビューし、頑張る人を応援するメディアを作りたい。

まつのアバター まつ WEBライター / 日英通訳・翻訳者

米国にて学士留学3年間と英語での仕事を20年経験。
サイエンス・ビジネスおよび日常生活の話題まで幅広いジャンルの英語を得意としています。

TOEIC945と英語経験を生かして、英語が苦手な方をサポートできるようブログ執筆活動を始めました。

WEBライターとしても活躍中。海外現地情報をリサーチしたライティングを得意としています。

英語の楽しさと奥深さを読者の皆様にお届けできますように。

Shihoのアバター Shiho 都内外資系勤務 / ライター

10歳の時に通い始めた英会話教室の影響で英語に興味を持ち、以来20年以上にわたりずっと英語の勉強を続けている。

高校生の時に英語スピーチコンテストで優勝経験あり。語学の有名な某四年制大学の外国語学部英語学科を卒業。留学経験はないながらも、TOEIC L&Rテストでは独学で925点を取得。現在は都内外資系企業にて、日々英語を使いながら仕事をしている。

また、会社員の傍らWebライターとして、英語学習コンテンツの制作にも携わっている。

長尾 浩市のアバター 長尾 浩市 株式会社EduMe代表

株式会社EduMe 代表 
アメリカ大学院にて英語教授法(TESL: Teaching English as Second Language) の修士を取得。

その後、高校生や大学生に英語を教えて20年。TOEFL指導や海外大学留学支援なども手がける。

現在は、子供向け英語プログラミング塾「ワンダーコード」を運営。

中高英語教員免許 / 英検1級 / TOEIC980点

Bekkiのアバター Bekki 字幕翻訳家 / ライター

20歳に受けたTOEICは480点→45歳、二度目の挑戦では915点。
夫はイギリス人で家族で日本在住7年目。双方ともに西ヨーロッパに親戚が多く移住しており、西ヨーロッパのの知識が豊富。
字幕翻訳に関わる前は日本語講師として日本語を英語を使って教えていた。
現在、本業の傍らで小規模の英会話教室運営中。J-SHINE、TESOL取得。イギリス老舗のジョリーフォニックスの講習会を修了。
将来の夢は、60歳までにイギリスの大学に留学すること。

Proteinのアバター Protein Webライター

英語講師歴14年目。シンガポールに4年間駐在。

取り柄のない学生時代を経て、オンライン英会話やスクールに通いシャドーイングガチ勢としてガリ勉。

その結果、英検1級国連英検A級TOEIC990点IELTS 7.5TOEFL102点を取得し、英語で飯が食えるように。
現在は高校で非常勤講師をしながらオンライン家庭教師やってます。オンライン指導はTwitterのDMまで。

ニモのアバター ニモ ライター

中学のころから英語好きが始まる。高校のころは、英語の教科書を丸暗記するほど音読に没頭。英語だけでは飽き足らず、大学ではフランス語を専攻し、言語学や音声学も学ぶ。ただ、英語好きはずっと変わらず、その後も勉強を続け、社会人になってから英検1級を取得。

自分の学んだ英語学や言語学を単なる知識で終わらせず、他の人が活用できるように、実用的な形で提供したいと考えている。
最近ではKindle本執筆にも挑戦し、『単語と単語の意外な関係』などの本を書いた。

私立中高英語教師歴10年。長期留学経験なしで、オンライン英会話などを活用して英語学習を継続。

TOEICは920点を取得。普段は中学生や高校生に英語を指導。
英語の苦手克服から、難関大学受験対策まで幅広く対応。

オンライン英会話5年目。さらに英語力向上を目指して日々学んでいます。

あきこのアバター あきこ ライター

慶應法学部卒→JTCで海外事業に携わるも英語力が足りずに挫折→転職→妊娠・出産で退職→35歳で一念発起して英語を学び直し。留学・海外経験なしから独学でTOEIC900点を獲得→翻訳者。
ELSA speakには絶賛ハマり中。英検1級通訳案内士取得を目指している。

遠藤 邦彦のアバター 遠藤 邦彦 ライター・翻訳者

元高校英語教師 / ライター・翻訳者
高校社会科教師の傍ら英語を学び、英語教員免許を取得。その後大手英会話スクールに通いTOEICで930点を取得。長野オリンピックでVIP接遇の通訳ボランティアを経験し、高校英語教師に転身。55歳にして英語検定1級を取得する。苦労して英語を学んだため、英語学習の大変さを誰よりも知っている。現在は、オンラインでスペイン語を学び、スペイン語の通訳を目指している。

Karenのアバター Karen ライター

1年の留学経験あり。帰国後は英語力向上のため、オンライン英会話で会話を学んだり発音矯正のスクールに通う。

その後、独学でTOEIC885点取得。英語力を活かし、前職は子ども向けのオンライン英会話講師として活躍。

現在は2児のワーママとして親子でお家英語に取り組み中です。

【目次】 この記事でわかること