おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

英語の形容詞の特徴と用法を徹底解説!名詞の前に並べる順番も紹介

本ページはPRが含まれています。

プロリアは、複数企業と提携し当サイトを経由してサービスの申込が行われた際は、提携企業から対価を受け取ることがあります。ただしランキングや評価に関して、有償無償問わず影響を及ぼすものではございません。

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

「形容詞」は英語の主要な品詞の一つです。
今回は、英語の形容詞という品詞について、その特徴や用法を徹底的に掘り下げて解説します。

混同しやすい形容詞と副詞の見分け方や、複数の形容詞を並べる場合の順番なども紹介しますので、この機会に形容詞への理解を深めましょう。

【PR】\英語学習におすすめの英会話教室/
  英会話イーオン(AEON)

こんな方におすすめ!

  • 基礎から学びたい英会話初心者
  • ビジネス英語を身につけたい社会人
  • TOEIC・英検などの資格試験対策をしたい学生
英会話イーオン(AEON)

おすすめできる理由は?

無駄な料金なし!誰でも通いやすい料金設定
目標やスケジュールに合わせてレッスンスタイルを選択可能。自分に必要な授業だけを組み合わせられるのでコスパが良い◎

忙しくても無理なく通える!
レッスンは曜日・時間固定&振替OK
予定調整がしやすく学習ペースをキープできる。英語学習が自然と定着し、1人ではなかなか進まかった英語学習の効率もUP!

英語力UPを最短で実現!
30段階で英語レベルを判断&自分のレベル・目的に合ったレッスンを提供。講師は定期的な研修を受けている「英語プロフェッショナル」のみ。在籍数も多くネイティブ外国人講師・日本人講師が在籍しているため、自分に合った講師が確実な上達をサポートします。

無料カウンセリング付
無料体験レッスンを予約する

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

英語の形容詞とは

英語の形容詞は、人やものを表す「名詞」を常に修飾する品詞です。
その名詞がどんな様子か、どんな性質を持っているか、どのような状態にあるかなどの説明を加えたり、所属するグループやジャンルなどの範囲を絞り込んだりする役割を持っています。

形容詞は英語で「adjective」と綴り、「ˈædʒɪktɪv(アジクティヴ)」と発音します。

形容詞として使われているのは、初めから形容詞という品詞に分類されている単語だけではありません。
名詞や動詞の形が変化して、形容詞のような役割を持つようになった単語も多くあります。

英語の形容詞の特徴は?

形容詞の特徴を確認して、形容詞を英文の中からすぐに見つけることができるようになりましょう。

接尾辞が付く

英語の形容詞を見つける時に注目したい特徴の一つは、語尾に接尾辞が付いていることです。
接尾辞とは、単語の最後に付け加えてその単語自体の意味やニュアンスを変化させる要素を指します。

形容詞の語尾としてよく見かける接尾辞には以下のようなものがあり、これらが付いている単語は形容詞であると判断できます。
単語例と一緒に紹介しましょう。

  • -ive: active (活発な/機敏な), native (天然の/生来の), expensive (値段が高い)
  • -ous: nervous (神経質な), generous (気前の良い/寛容な), famous (高名な/有名な)
  • -al: real (実在する/現実の), legal (法律上の)
  • -able: comfortable (快適な/心地良い), eatable (食べられる状態の), capable (能力がある/有能な)
  • -ical: musical (音楽の), comical (おかしな/面白い)
  • -ent: excellent (優秀な), different (違った/異なる)
  • -y: happy (幸福な/幸せそうな), angry (腹を立てて/怒って)
  • -ful: powerful (強力な/力強い), beautiful (美しい/見事な), successful (上出来な/うまくいった)
  • -less: cordless (コードなしの), careless (不注意な/不用心な), endless (終わりのない/永遠の)
  • -ar: familiar (よく知っている/精通している), clear (きれいな/透明の), popular (人気がある)
  • -ic: economic (経済の/経済上の), academic (教育機関の/伝統主義の), public (公衆の/公共の)
  • -ant:important (重要な/重大な), relevant (関係のある/関連性のある)
  • -ible: reversible (リバーシブルの), possible (可能性がある/あり得る)

動詞の過去形や過去分詞形を使う

形容詞の中には動詞の過去形や過去分詞形をそのまま使ったものも多いです。
動詞の過去形や過去分詞形が名詞の前後に置かれているなら、形容詞の役割をしていると考えられます

動詞の過去形や過去分詞形の部分が1語なら「過去形や過去分詞形+名詞」の形で前から名詞を修飾し、2語以上の節なら「名詞+過去形や過去分詞形を含む節」の順番で後ろから名詞を修飾します。

形容詞の役割を果たす動詞の過去形や過去分詞形には、以下のようなものがあります。

  • dated:時代遅れの、古くさい
  • interested:関心のある
  • aged:年とった、高齢の
  • printed:印刷された
  • hurried:大急ぎで行われた
  • surprised:驚いた
  • retired:引退した、退職した
  • tired:しんどい、うんざりした
  • escaped:逃げた、脱走した
  • cooked:調理済みの、加熱調理した
  • faded:しおれた、色あせた
  • grown:大きくなった、成長した
  • broken:壊れた、故障した
  • fallen:落ちた、落下した
  • known:知られている、見慣れた
  • spoken:話された、話されている
  • frozen:冷凍の、寒さで凍った

語尾に「-ing」が付く動詞

語尾に「-ing」が付いた動詞の現在分詞形も、名詞の前後に置かれた場合には形容詞の役割を果たします
現在分詞形が1語なら「現在分詞形+名詞」、現在分詞形が2語以上の節なら「名詞+現在分詞形を含む節」の順番に置かれます。

動詞の現在分詞形を形容詞として使った例としては以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • increasing:増加する、拡大する
  • exciting:刺激的な、面白い、ワクワクさせる
  • remaining:残りの、残っている
  • decreasing:減少する、徐々に減っていく
  • living:生きた、生きている
  • boring:退屈な、つまらない
  • going:一般に行われている、現在継続中の
  • interesting:興味を起こさせる、興味深い
  • satisfying:満足させる
  • surprising:驚くべき、意外な
  • annoying:イライラさせる、迷惑な

語尾に「-ed」「‐y」を付けた名詞

形容詞の中には、名詞の語尾に「-ed」や「‐y」が付いて形容詞に変化したものも多くあります。
これらの語尾も、英文の中で形容詞を見分けるのに役立つでしょう。

語尾に「-ed」や「‐y」が付いて形容詞化したものには以下のような単語があります。

  • feathered:羽が付いた、羽毛状の
  • wooded:木々に覆われた、森林の多い
  • detailed:詳しい、詳細な
  • striped:しま模様の
  • spotted:斑点のある、水玉模様の
  • gifted:優れた才能のある
  • moonfaced:丸顔の
  • blue-shirted:青いシャツを着た
  • creamy:クリーム状の
  • sunny:日のよく照る
  • healthy:健康な、健やかな
  • nutty:木の実に似た、木の実の風味の
  • meaty:肉の、肉の味・香りがする
  • sugary:砂糖が入った、砂糖のような、甘い

語尾に「‐y」が付いて形容詞化した名詞には、食べ物の風味を表したものが多いです。

名詞が名詞を修飾

「名詞+名詞」の順番になっている場合、前に置かれた名詞が形容詞の役割をして後ろの名詞を修飾することもあります。
形容詞の役割をする名詞は常に単数形で使われることに注意しましょう。

例えば以下のような場合、名詞が名詞を修飾し形容詞のような役割をしていると言えます。

  • school cafeteria:学食
  • cotton shirt:綿のシャツ
  • sea water:海水
  • chicken house:鶏小屋
  • project management:プロジェクト管理
  • dog food:ドッグフード
  • bike key:自転車のカギ
  • weather forecast:天気予報、気象予報
  • application form:申込書、申込用紙
  • employee training:社員研修
  • company identification:会社情報

ハイフンで繋げた単語

「形容詞+分詞」や「名詞+分詞」をハイフンで繋げた形を形容詞として使うこともあります。
例えば、以下のような例を挙げられるでしょう。

  • good-looking:魅力的な、きれいな、ハンサムな
  • slow-moving:ゆっくり進む、速度の遅い
  • self-standing:支えを必要としない、自立できる
  • best-selling:ベストセラーの、最もよく売れている
  • english-speaking:英語を話す
  • close-fitting:衣服が体にぴったりした
  • award-winning:受賞した、賞を取った
  • job-related:仕事に関する、仕事上の
  • custom-made:オーダーメードの、特注の
  • kind-hearted:心の優しい、思いやりのある
  • warm-hearted:心の温かい、情の厚い
  • well-educated:十分な教育を受けた、教養のある

英語の形容詞の種類

英語の形容詞の用法は大きく2種類に分けられ、「限定用法」「叙述用法」と呼ばれます。
それぞれの用法の使い方を具体的に見ていきましょう。

限定用法

形容詞の用法の一つ目は「限定用法」で、英語では「attributive use」と綴ります。
形容詞を名詞の直前に付け加え、その名詞の性質、状態、所属する分野やグループ、ジャンルなどの範囲を絞り込むことができる用法です。
範囲を絞り込む、つまり範囲を「限定する」ので、「限定用法」と呼ばれています。

例えば「new smartphone(新しいスマートフォン)」という文なら、形容詞「new」によって名詞の状態が絞り込まれ「smartphone」は古いものではないとはっきり伝わります。
「black car(黒い車)」という文なら、形容詞「black」によって「car」の色は白や赤などではなく黒であると絞り込まれます。

限定用法では、いくつかの形容詞を並列して使うことも可能です。
並べる順番については後述します。

形容詞の中には、この限定用法でしか使えないものもあります
これらの形容詞は、辞書で調べると「限定用法の形容詞」や「attributive use」の頭文字を取った「A」などと目印が付いています。
以下に、限定用法でしか使えない形容詞の主な例を挙げましょう。

  • prime:主要な、最良の、第一の
  • main:主な、主要な
  • only:唯一の
  • latter:後のほうの、終わりの
  • mere:ほんの、単なる
  • daily:毎日の
  • former:前の、以前の、前者の
  • elder:年上の、年長の
  • upper:上のほうの、高いほうの、上位の
  • medical:医学の、医療の
  • favorite:大のお気に入りの、特に好きな

叙述用法

形容詞の用法のもう一つは「叙述用法」です。
形容詞によって名詞がどんな様子か、どんな性質を持っているか、どのような状態にあるかなどを説明・確定します

英語で叙述用法は「predicative use」と呼ばれます。

叙述用法では、形容詞は「主語である名詞」+「動詞」の後ろに置かれるのが一般的です。
この用法での形容詞は基本的に、第2文型「SVC」や第5文型「SVOC」の補語(C)として登場します。

例文:Jack is cool.(SVC)
意味:ジャックはかっこいいです

例文:She found this task very difficult.(SVOC)
意味:彼女はこの課題が非常に難しいと気づきました

叙述用法でいくつかの形容詞を並べて使う場合には、「but」や「and」などの接続詞で繋ぐことが必要です。

例文:My mother is a calm but strong person.
意味:わたしの母は穏やかですが芯の強い人です

形容詞の中には、この叙述用法でしか使えないものもあります
これらの形容詞は、辞書で調べると「叙述用法の形容詞」や「predicative use」の頭文字を取った「P」などと目印が付いています。
以下に、叙述用法でしか使えない形容詞の主な例を挙げましょう。

  • afraid:恐れて、怖がって
  • awake:起こす
  • asleep:眠って
  • alive:生きて、活動して
  • averse:嫌って、反対して
  • worth:価値があって
  • content:満足して
  • liable:責任があって

叙述用法でしか使えない形容詞には「a~」から始まるものが多いです。

形容詞を並べる順番は?

限定用法では、名詞の前に形容詞を並べる順番がだいたい決まっています
最終的に以下の並びになるように、形容詞を並べていきましょう。

  • 限定詞(指示詞・代名詞・冠詞):a、this、these、your、which、Jane’sなど
  • 序数:first、second、thirdなど
  • 数量:some、many、a few、a lot ofなど
  • 意見・評価・主観:beautiful、pretty、cool、tastyなど
  • サイズ・大きさ:large、tall、small、bigなど
  • 新旧・年齢・年数:old、young、new、hot、ancientなど
  • 形状:round、square、oval、sharp、thinなど
  • 色(色相・明度・彩度):black、blue、grey、dark、vividなど
  • 起源・出身・地域・所属:European、Asian、Western、lunarなど
  • 素材・材料:wood、brick、paper、metallicなど
  • 目的・用途:shopping、walking、to grill steaksなど

例文:I use two large soft cotton shopping bags.
意味:わたしは大きくて柔らかい綿のショッピングバッグを2つ使っています

形容詞を名詞の後に置く場合

限定用法では形容詞は名詞の直前に、叙述用法では形容詞を「名詞+動詞」の後ろに置くのが基本です。
しかし、形容詞が名詞の直後に置かれる例外的な場合もあります。
代表的な2つのケースを見てみましょう。

「~one」「~body」「~thing」で終わる名詞を修飾する場合

「someone」「anything」「everybody」「nothing」などの代名詞を修飾する場合には、形容詞はその直後に置かれます。

例文:He seems to have discovered something new.
意味:彼は何か新しいことを発見したようです

「~able」で終わる形容詞の場合

「imaginable」「available」「vulnerable」など「~able」で終わる形容詞の場合、名詞の直後に置かれることが多いです。
名詞の直前に「no」「all」「every」「any」などの単語や最上級の表現があるケースでは、特にこの傾向が見られます。

例文:We offered every solution imaginable of for the company.
意味:会社のために、わたしたちは思いつく限りの解決策を提示しました

限定用法と叙述用法で意味が変わる形容詞

形容詞の中には、限定用法と叙述用法のどちらでも使えるものもあります。
どちらの用法でも基本的には同じ意味で使われますが、例外的に用法によって意味が変わる形容詞があるので覚えておきましょう。

以下のような形容詞が代表的です。

  • present(限定:現在の / 叙述:出席して)
  • fond(限定:優しい / 叙述:好んで)
  • able(限定:有能な / 叙述:~することができて、可能だ)
  • sorry(限定:情けない、みじめな / 叙述:気の毒に思って、すまないと思って、残念に思って)
  • certain(限定:ある~、ある一定の / 叙述:確信して、確かだと思って)
  • ready(限定:手早い、迅速な / 叙述:用意が整って、準備ができて)
  • late(限定:近ごろの、前~、亡~ / 叙述:遅い、遅れた、遅刻した)

形容詞と副詞の見分け方は?

副詞は形容詞と語形が似ているものが多く「修飾する」という役割も同じなので、形容詞と混同しやすい品詞の一つです。

形容詞と副詞の違いは、どんな品詞を修飾するかという点です。
「名詞」を修飾していれば形容詞、「名詞以外の品詞(形容詞、動詞、副詞)や前置詞句、文全体」を修飾していれば副詞であると判断できます。

ただし、単語の中には同じ語形で形容詞と副詞両方の役割を果たすものもあるので注意しましょう。
例えば以下のような単語です。

  • well(形容詞:健康で、元気に / 副詞:上手に、うまく、よく)
  • fast(形容詞:速い、高速の / 副詞:速く、どんどん)
  • clean(形容詞:汚れていない、きれいな / 副詞:きれいに、まったく、すっかり)
  • pretty(形容詞:かわいい、かわいらしい / 副詞:とても、かなり、非常に)
  • half(形容詞:半分の / 副詞:半分だけ、半分ほど)
  • just(形容詞:正しい、公正な / 副詞:ちょうど、ぴったり)
  • early(形容詞:早い / 副詞:初期に、早期に)
  • late(形容詞:遅い / 副詞:遅く、長く)
  • weekly(形容詞:1週間の、1週間続く / 副詞:週1回、毎週)
  • long(形容詞:長い、高い / 副詞:長く、長い間)

こうした単語はたくさんあるので、日常会話でよく使うものから徐々に覚えていきましょう。

形容詞は、「~い」で終わるものが多いです。対して副詞は、「~く」で終わるものが多いです。
「けようし」の「い」、「ふし」の「く」と覚えるのも一つですね。

まとめ

今回は、英語の主要な品詞の一つである「形容詞」について詳細に解説しました。
形容詞の2つの用法(限定用法と叙述用法)や、名詞の前に並べる時の順番、形容詞と他の品詞を見分けるポイントなどをしっかり覚えて、英語の形容詞を使いこなせるようになりましょう。

プロリア英会話のレビュー評価について

プロリア英会話のレビュー評価の評点は、オンライン英会話・通学型の英会話教室・英語コーチングを選ぶときに重要である以下のポイントと、ユーザーの口コミアンケートにより相対的に決定されています。

■ レッスン料金:レッスン単価の安さや入会金・その他費用・返金制度の有無、通い放題かどうか、など受講者が学習が継続しやすいかをレビュー評価しました。
・比較した全サービスの料金の中央値と比較して決定
・加点:入会金不要 / その他費用不要 / 返金制度あり / 通い放題あり

■ 講師の質と数:学習の効果と効率の観点から、講師数と講師の特徴などの質をもとにレビュー評価しました。
・比較した全サービスの講師数の中央値と比較して決定
・加点:講師(ネイティブ・日本人講師・日本語可能講師)の幅が広い / 講師の特徴が相対的に優れている

■ カリキュラム・教材・コースの充実度:カリキュラム・教材・コースの充実度と使いやすさ、教材費の有無の観点からレビュー評価しました。
・減点なし:幅広く網羅 / 教材費が完全無料
・減点:教材が少ない / 教材費が有料 or 一部有料
・加点:初心者コースあり / ビジネス対応あり / 資格試験対策(TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等)可能 / 留学サポートあり / その他優れた特徴あり / レッスン人数にバリエーションあり

■ 受講システムの使いやすさ(オンライン英会話・英語コーチングの場合):受講がしやすい環境かどうかを「学習環境・利用ツール・講師の勤務環境・予約・キャンセルシステムの使いやすさ」からレビュー評価しました。
・加点:予約・キャンセルが1時間未満でできる
・減点なし:予約・キャンセルに融通が利く / 講師の勤務環境がオフィス / アプリ or 独自システム使用可能
・減点:予約・キャンセルがフレキシブルでない / 講師の勤務環境が在宅・要確認 or 在宅・オフィス

■ 通いやすさ(英会話教室の場合):受講がしやすい環境かどうかを「受講可能時間帯・教室数・駅からの近さ・オンライン受講可否」からレビュー評価しました。
・加点:早朝レッスンあり※10時以前 / 夜間レッスンあり※20時以降 / 教室数の規模 / 最寄り駅から5分以内 / オンラインでも受講可能

※ 総合評価の評点は、上記評価軸によるレビュー評点の平均です。
※ 評点は、カリキュラムやスクールの特徴・プロリア英会話に寄せられた口コミなどをもとに、記事ごとのその特性にあわせて点数に重み付けを加点し、相対的に決定しています。
※ TOEIC・TOEFL・IELTS・英検等、資格特化の記事にはスコアアップの実績有無を加味するなど、特定の記事にレビュー評価の軸を追加しています。

良かったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

この記事を書いた人

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

おすすめスクールの口コミ・評判

著者一覧

あなたの英語学習を一緒に応援してくれる仲間たち

スクロールできます

間野 由利子のアバター 間野 由利子 ライター

明治大学サービス創新研究所客員研究員/ライター
2019年からオンライン英会話を始め、現在4年目。世界各国の人とオンライン英会話を通じて知り合った人たちと友達になり、現在は各国に友達ができるまでに。オンライン英会話、英語コーチング、TOEICスクールなど、複数を受講経験あり。目標は、海外の教育者と意見交換したり、映画プロデューサーにインタビューすること。

黒須 千咲のアバター 黒須 千咲 フリーランスライター

中学時代に英語に目覚め、外国語科の高校に通った後、法政大学GISで英語漬けの4年間を過ごしました。学生時代には、アメリカとイギリスの短期留学も経験。大学卒業後は夢だった自由な働き方を実現するため、オーストラリアワーホリへ。ライターを目指しつつ、シドニーでウェイターとして約半年働きました。現在は、日本でギリシャ人の夫と暮らしながら執筆活動中。主に英語学習に関する記事を執筆しています。TOEIC920点英検準1級取得済み。

黒田莉々のアバター 黒田莉々 英語研究家 / 翻訳家

三度のご飯の次に英語が大好きな「英語の人」。英文法や英文解釈が大好物。洋書や洋画が大好きで、そこから学んだ「使える英語フレーズ」は数知れず。
米国東部の四年制大学(社会学/文化人類学専攻)をCum Laudeで卒業。帰国後は大手英会話学校の専任講師を経て、大学レベルの英語講師を20年近く経験。

現在、フリーランスで著述業、通訳、翻訳業を営む。集英社よりビジネス英語の指南書「悪魔の英語術」を出版。TOEIC975点英検1級

川田 幸寛のアバター 川田 幸寛 英語コーチ / ライター

高校時代に英語を猛勉強し、校内偏差値が40→80にUP。大学では英語教育を専攻し、4年次にオーストラリアのパースへ留学。「話す」「聞く」にフォーカスを置いて、現地の人々や世界各国の留学生と交流を深めた。その結果、ケンブリッジ英検B2TOEIC400→835を取得。現在は、海外へ行きたいけど英語に不安がある人たちのサポートや後押しをしている。

さわのアバター さわ ライター

元こども英会話教室の主任講師。4年間イギリス人講師とペアでティーチングしつつ、日々の会話の中から日英の文化の違いにも興味を持つ。海外在住歴や留学経験などはなく、地道に英語学習した後に講師へ。教室型英会話とオンライン英会話の受講経験あり。これらの経験を活かし現在は英語関係の記事を執筆している。

夢はライター活動をしながら旅をすること。各土地で輝いている人を見つけてインタビューし、頑張る人を応援するメディアを作りたい。

まつのアバター まつ WEBライター / 日英通訳・翻訳者

米国にて学士留学3年間と英語での仕事を20年経験。
サイエンス・ビジネスおよび日常生活の話題まで幅広いジャンルの英語を得意としています。

TOEIC945と英語経験を生かして、英語が苦手な方をサポートできるようブログ執筆活動を始めました。

WEBライターとしても活躍中。海外現地情報をリサーチしたライティングを得意としています。

英語の楽しさと奥深さを読者の皆様にお届けできますように。

Shihoのアバター Shiho 都内外資系勤務 / ライター

10歳の時に通い始めた英会話教室の影響で英語に興味を持ち、以来20年以上にわたりずっと英語の勉強を続けている。

高校生の時に英語スピーチコンテストで優勝経験あり。語学の有名な某四年制大学の外国語学部英語学科を卒業。留学経験はないながらも、TOEIC L&Rテストでは独学で925点を取得。現在は都内外資系企業にて、日々英語を使いながら仕事をしている。

また、会社員の傍らWebライターとして、英語学習コンテンツの制作にも携わっている。

長尾 浩市のアバター 長尾 浩市 株式会社EduMe代表

株式会社EduMe 代表 
アメリカ大学院にて英語教授法(TESL: Teaching English as Second Language) の修士を取得。

その後、高校生や大学生に英語を教えて20年。TOEFL指導や海外大学留学支援なども手がける。

現在は、子供向け英語プログラミング塾「ワンダーコード」を運営。

中高英語教員免許 / 英検1級 / TOEIC980点

Bekkiのアバター Bekki 字幕翻訳家 / ライター

20歳に受けたTOEICは480点→45歳、二度目の挑戦では915点。
夫はイギリス人で家族で日本在住7年目。双方ともに西ヨーロッパに親戚が多く移住しており、西ヨーロッパのの知識が豊富。
字幕翻訳に関わる前は日本語講師として日本語を英語を使って教えていた。
現在、本業の傍らで小規模の英会話教室運営中。J-SHINE、TESOL取得。イギリス老舗のジョリーフォニックスの講習会を修了。
将来の夢は、60歳までにイギリスの大学に留学すること。

Proteinのアバター Protein Webライター

英語講師歴14年目。シンガポールに4年間駐在。

取り柄のない学生時代を経て、オンライン英会話やスクールに通いシャドーイングガチ勢としてガリ勉。

その結果、英検1級国連英検A級TOEIC990点IELTS 7.5TOEFL102点を取得し、英語で飯が食えるように。
現在は高校で非常勤講師をしながらオンライン家庭教師やってます。オンライン指導はTwitterのDMまで。

ニモのアバター ニモ ライター

中学のころから英語好きが始まる。高校のころは、英語の教科書を丸暗記するほど音読に没頭。英語だけでは飽き足らず、大学ではフランス語を専攻し、言語学や音声学も学ぶ。ただ、英語好きはずっと変わらず、その後も勉強を続け、社会人になってから英検1級を取得。

自分の学んだ英語学や言語学を単なる知識で終わらせず、他の人が活用できるように、実用的な形で提供したいと考えている。
最近ではKindle本執筆にも挑戦し、『単語と単語の意外な関係』などの本を書いた。

私立中高英語教師歴10年。長期留学経験なしで、オンライン英会話などを活用して英語学習を継続。

TOEICは920点を取得。普段は中学生や高校生に英語を指導。
英語の苦手克服から、難関大学受験対策まで幅広く対応。

オンライン英会話5年目。さらに英語力向上を目指して日々学んでいます。

あきこのアバター あきこ ライター

慶應法学部卒→JTCで海外事業に携わるも英語力が足りずに挫折→転職→妊娠・出産で退職→35歳で一念発起して英語を学び直し。留学・海外経験なしから独学でTOEIC900点を獲得→翻訳者。
ELSA speakには絶賛ハマり中。英検1級通訳案内士取得を目指している。

遠藤 邦彦のアバター 遠藤 邦彦 ライター・翻訳者

元高校英語教師 / ライター・翻訳者
高校社会科教師の傍ら英語を学び、英語教員免許を取得。その後大手英会話スクールに通いTOEICで930点を取得。長野オリンピックでVIP接遇の通訳ボランティアを経験し、高校英語教師に転身。55歳にして英語検定1級を取得する。苦労して英語を学んだため、英語学習の大変さを誰よりも知っている。現在は、オンラインでスペイン語を学び、スペイン語の通訳を目指している。

Karenのアバター Karen ライター

1年の留学経験あり。帰国後は英語力向上のため、オンライン英会話で会話を学んだり発音矯正のスクールに通う。

その後、独学でTOEIC885点取得。英語力を活かし、前職は子ども向けのオンライン英会話講師として活躍。

現在は2児のワーママとして親子でお家英語に取り組み中です。

【目次】 この記事でわかること