おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

英語で「予約」は何と言う?3つの英語表現と使い方を解説

「予約」を意味する英語は複数存在しており、予約するものに応じて使い分ける必要があります。

本記事では、「予約」を意味する3つの英語表現とそれぞれの使い方についてご紹介します。

オンライン英会話探しをする人必見
おすすめのオンライン英会話

オンライン英会話57社を調査して厳選した「人気のおすすめオンライン英会話」のランキングをご紹介

オンライン英会話の選び方から目的別のおすすめランキングが用意されているので自分にぴったりのオンライン英会話がきっと見つかります。

【目次】 この記事でわかること

「予約」を意味する3つの英語表現

「予約」を意味する3つの英単語は、以下の通りです。

・reservation

・booking

・appointment

これらはすべて「名詞」です。動詞は、以下のように表現します。

・reserve

・book

・appoint

では、3つの英語表現の違いと使い方を詳しくみてみましょう。

「予約」を意味する「reservation」

「reservation」は、場所や席を予約するときに使う表現です。つまり、ホテルの部屋、レストラン、コンサート・飛行機などの座席を予約する場合は、「reservation」を使います。

また、誰かのために、もしくは特別な目的のために手配するときも「reservation」を使います。

「reservation」を使った「予約する」の英語表現

「reservation(リザヴェイション)」を使った「予約する」には、2つの表現があります。

・make a reservation

・reserve

「reservation」を使って予約をする場合の基本フレーズは、以下の通りです。

「人数」と「日時」を変えるだけで応用できるフレーズですので覚えておきましょう。

・I’d like to make a reservation for [人数] for [日時].

([日時]に[人数]で予約をしたいのですが。)

・ reserve a table for [人数]

(レストランで[人数]席を予約する。)

・ book a [部屋の種類]

(ホテルで[部屋の種類]を予約する。)

部屋の種類には、single room(シングルルーム)、double room(ダブルルーム)、twin room(ツインルーム)などを入れます。

・change the reservation

(予約を変更する。)

例文

I’d like to make a reservation for 2 for this weekend.

([ホテルへ]今週末2人で予約をしたいのですが。)

I’d like to reserve a table for 2 by the window.

(窓側の席を2席、予約したいのですが。)

Can I make a reservation? 

(予約はできますか?)

Do I need a reservation? 

(予約が必要ですか?)

I have a reservation at this hotel.

(このホテルの予約をしています。)

I’ll call the restaurant and make a reservation.

(レストランに電話して予約をとります。)

I cancelled the restaurant reservation.

(レストランの予約をキャンセルしました。)

I’m sorry. I took the liberty of cancelling your reservation.

(申し訳ございません。一存であなたの予約をキャンセルしました。)

What time can we make a reservation?

(何時に予約できますか?)

「予約」を意味する「booking」

「booking(ブッキング)」は、「reservation」とほぼ同じように使える表現です。なので、「reservation」を「booking」に置き換えて使うこともできます。

ただし、「booking」は「本」を意味する「Book」に由来しており、名簿や帳簿に人の名前や注文を記録しておくというニュアンスが含まれています。

「booking」を使った「予約する」の英語表現

・make a booking

・book

「book」を使って予約をする場合の基本フレーズは、以下の通りです。「人数」と「日時」を変えるだけで応用できるフレーズですので覚えておきましょう。

・I’d like to book a table for [人数] for [日時].

例文

I make a booking.

(私は予約をしました。)

I will make a booking.

(私が予約をします。)

I’d like to book a table. 

(レストランの席を予約したいのですが。)

I booked that hotel.

(そのホテルを予約しました。)

Did you book the hotel?

(ホテルを予約しましたか?)

「予約」を意味する「appointment」

「appointment(アポイントゥメント)」は、美容院や病院など特定の時間・場所に誰かと会ったり、訪問したりするときに使う英語表現です。

つまり、「appointment」は、「人と会う」場合の予約に使います。

日本語でよく使われている「アポをとる」という表現は、「appointment」からきています。

「appointment」を使った「予約する」の英語表現

・make an appointment

・take an appointment

「appointment」を使って予約をする場合の基本フレーズは、以下の通りです。「予約したい人」と「用件」を変えるだけで応用できるフレーズですので覚えておきましょう。

・I’d like to make an appointment with [予約したい人] regarding [用件].

例文

I’d like to make an appointment with the doctor. 

(医師に会う予約をしたいのですが。)

I’d like to make an appointment at 9am. 

(午前9時に予約をしたいのですが。)

I’ve made an appointment for the beauty salon next week.

(来週、美容院の予約をしました。)

He has an appointment with a client at 3pm.

(彼は午後3時にクライアントと会う約束をしています。)

I’ve got a dental appointment at 10 o’clock.

(私は10時に歯科の予約があります。)

予約を確認する英語表現

予約をした後、改めて予約を確認することがあります。予約日が近くなってから念の為に確認をすることもあるでしょう。

また、第三者に予約をお願いした場合は、本当に予約できているかどうかを確認することがあります。どのような状況にせよ、予約を確認したいときは、「confirm」を使います。

では、フレーズをみてみましょう。

Confirm the reservation.

(予約を確認します。)

I’d like to confirm my reservation for 〜.

(〜の予約を確認したいのですが。)

I’ll confirm the booking.

(予約を確認しておきます。)

Please write to confirm your reservation.

(予約を確認するために書いてください。)

予約できるかどうかを確認する英語表現「available」と「vacan」

予約できるかどうかを確認したい場合、前述した「reservation」を使った「Can I make a reservation?(予約できますか?)」がよく使われています。

実は「reservation」だけでなく、「available」と「vacan」を使い、「予約ができるかどうか」を確認することも可能です。

「available」と「vacan」を使ったフレーズは、以下の通りです。

Do you have a table available tonight? 

(今晩、空いている席はありますか?)

Are there any vacant rooms here? 

(こちらに空いている部屋はありますか?)

「予約で一杯」の英語表現

予約をしたくても、すべて予約で埋まっているときがあります。英語で「予約で一杯」は、以下のように表現します。

・fully booked.

・fully reserved.

・fully occupied.

・not available.

例文

We’re fully booked.

(全館、満室です。)

The Rooms are fully reserved.

(予約で満室です。)

Every seats occupied.

(全ての座席が満席です。)

「occupied」は、「fully」を省略して使われることが多いです。

He is not available on Monday.

(彼は月曜日は予約で埋まっています。)

「not available」は、「appointment」を使った「人」との予約の際に使われます。

「予約」に関連する英語表現

では最後に、「予約」に関連した英語表現をみてみましょう。

予約受付:reservation reception

予約注文:pre-order

先行予約:presales

先行予約チケット:pre-sale tickets

仮予約:tentative reservation

非予約席(自由席):unreserved seat

予約席(指定席):reserved seat

まとめ

今回は「予約」を意味する「reservation」「booking」「appointment」の3つの表現とその使い方についてご紹介しました。

「reservation」「booking」は「場所」、「appointment」は「人」と、予約の対象によって使い分ける必要があります。正しい英単語を使って予約できるようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること